Ashes of the Sun


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ashes of the Sun

Harper Prismの小説第七作目(アンソロジーも含めると九作目)。

ドメインズ/The Domains地方に展開される、故郷を失った天涯孤独の女性、アイシュの物語。

余所者にとって、ミノタウルスの政治は難解で―ときには致命的ですらある。

アイシュは知っている。マーチーン山脈に潜む危機を。それこそ将に彼女の望むもの。
ゴブリン戦争で彼女の愛しき故郷はすでに灰燼と化し、その記憶も伝説へと風化しつつある。これ以上、生きて行く意味があろうか? 死ぬ覚悟は出来ている―ゴブリン殺しのさ中、力尽きるというのならば。
だが、マーチーン族のミノタウルスは、アイシュに別の計画を用意する。そこに彼女の死は予定されていない―今のところは。 やがてマーチーン政治の複雑怪奇な網に絡み取られたアイシュは、敵よりも味方の方が余程、油断できぬものと身に沁みるのだ。

Hanovi Braddock 著(1996/03)

注意:作品の内容に関する記述が以下には含まれています。

主な登場人物

  • Ayesh(アイシュ)

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。