Spectral Bears


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Spectral Bears》

#whisper

ホームランドの優秀カードの1つ。
対抗色を意識したクリーチャー対戦相手が黒ならばデメリットがなくなる。

当時トーナメントで蔓延していたネクロディスクの強烈なアンチカードとして活躍した。
タフネスが3ということから、騎士と互角以上の戦いができた。また、当時の基本火力(火葬/Incinerate稲妻/Lightning Bolt)には敵わないものの、の苦手とする火力にも若干の耐性がある。

ビジョンズ発売以後は、クウィリーオン・レインジャー/Quirion Rangerによってアンタップ制限のデメリットを容易に回避することができ、セニョールストンピィの中核クリーチャーの1体となった。

  • この能力は誘発型能力なので、次のターンにアンタップするかどうかはこの能力の解決時に決定する。
    攻撃した時黒いカードが存在しなければ、次の相手のターンに黒いカードを相手が出してそのままアンタップを迎えたとしても、これはアンタップしない。
    if節ルールも参照のこと。
    • パーマネントではなくカードを参照する。おそらくトークンを参照させないためであろう(類似のカードは「トークンでないパーマネント」となっているものも多い)。
  • 後のリメイク版として、大きくなった代わりに相手が黒でもデメリットが無くならないラースの猿人/Apes of Rathが存在する。
    さらに時のらせんで登場した幽体の魔力/Spectral Forceは純粋な上位種である。
  • 「Spectral」を読み間違えられて「スペクタクルベアーズ」と呼ばれたりすることもあった。スペクタクルは「Spectacle」。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。