Timmy, Power Gamer


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Timmy, Power Gamer》

#whisper

そう、まさに"パワー大好きTimmy"のために作られたカードである。

いくらタップが必要ないとはいえ、普通に使ってはエルフの笛吹き/Elvish Piperにも負けている。
そこでポイントになるのが、「クリーチャー1体」と言う表記である。
手札にあるのは「クリーチャー・カード」であって「クリーチャー」ではないので、厳密に解釈すればこれは何も場に出すことはできない。
しかしこれはアングルードなので、「クリーチャー1体分を構成するカードすべてを場に出す」と読み替える(のが妥当)。

もちろん、普通なら「クリーチャー1体分を構成するカード」は「クリーチャー・カード1枚」でしかない。

その唯一の例外は、2枚1組のB.F.M.(Big Furry Monster)
というわけで、これは4マナで手札からB.F.M.(Big Furry Monster)を出すためのカードである。
今ならS.N.O.T.を3枚、場に出ているS.N.O.T.にくっつけて出してもいいかもしれない。

  • 上記のルールに関する準公式裁定はアングルードFAQ日本語版(外部リンク)を参照。
  • 「Timmy/Johnny/Spike」とは、R&Dがカード開発にあたってターゲットとするユーザーのタイプを三つに大別して定義したもの。
    詳しくはTimmy, Johnny, and Spikeを参照のこと。
  • ちなみに元ネタはウィザーズ社の元社員ジョー・グレイスだそうで。

フレイバー・テキスト (日本語訳は あんかば カードリストより引用)

"Just wait till I get my Leviathan...."

"俺のリヴァイアサンを引くまで待ってくれ..."

  • よりにもよってリバイアサン。
    実際にこれの能力で出すのにはかなり向かないので、気合いが入ったティミーの方のみ試して頂きたい。
  • 後れて登場したJohnnyも似たようなセリフを発した。

関連カード

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。