あまたの舞い > Dance of Many


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《あまたの舞い/Dance of Many》

#whisper

クローン/Cloneに近いカード。

当時ルール上の問題点が山積していたクローン/Cloneの修正版ということだろうか。

クローン/Cloneと比べてコストは半分に減っているが、トークンをコピーできなくなり、アップキープ・コストが必要になり、色拘束はきつくなり、エンチャント破壊が効くようになっており、対象にならないクリーチャーをコピーできなくなっている。なかなか使いどころが難しい。

神河物語以後のレジェンド・ルールでは、たった2マナ伝説のクリーチャーを簡単に除去できるようになったのが便利といえる。
カジュアルであれば、これと自分のドラゴンスピリットとの相性もよいだろう。

  • 現在から見ると、むしろクローンよりも処理が複雑で面倒なカードになっている。
  • 「あまた」とは漢字で「数多」と書く。字の通り「数が多い」という意味。あまたの生け贄/Hecatombなど。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。