Bethan Leitbur


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Bethan Leitbur

Bethan Leitbur(ベサン・ライトバー)

サーペイディア暗黒時代アイケイシア/Icatiaの聖人。
アイケイシアではライトバーへの感謝や祈りの言葉は珍しいものではなく、名前を冠したOrder of Leitbur(ライトバー教団)が有名。

著書「The Way(道)」を遺した。

登場カード

語源と訳語

「Bethan Leitbur」はカード上で和訳されたことはなく、「ベサン・ライトバー」は公式訳ではない。

「Leitbur」は、アメコミ巻末の発音ガイドで「LEET-ber(”リートバー”くらいの発音)」とされたが、後のDuelist誌11号のMark Rosewaterの記事によると「LYET-bur(”ライトバー”くらいの発音)」とされる。
また同記事によると、「Leitbur」は初期設定では「Leitbyrr」と綴られていた。「Order of Leitbur」を「Order of Lite Beer」と読ませようという冗談である。

「Leitbur」は、「〜教の、〜教徒」を意味する接尾語「-ite」を付けた「Leitburite(Leitbur教徒)」の発音がハスブロ社の玩具Lite-Briteに似るようにと、ジョークを込めてデザインされたと云われる。
「Lite-Brite」は豆電球を使ってお絵かきする玩具で、「Light(光)」と「Bright(明かり)」を捻った名称。
この点から類推しても、「Leitbur」は「ライトバー」と表記するのが正しいと思われる。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。