Bureaucracy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Bureaucracy》(お役所仕事)

#whisper

Bureaucracy(お役所仕事)の名の通り、かなりまわりくどく書いてある。
このカードの効果は以下の通り。


Bureaucracyが場に出てから最初にアップキープ開始時を迎えたプレイヤーは、好きな「アクション」を行う。

次にアップキープ開始時を迎えたプレイヤーは、
『前のプレイヤーがやったすべての「アクション」を同じ順序で行い、最後に好きな「アクション」を行う(追加する)』

アップキープ開始時になるたび、そのターンのプレイヤーが上の『』の内容を行う。
「アクション」ができなかったり、その順番を間違えたりした時点で終了。
Bureaucracyを生け贄に捧げ、そのプレイヤーは手札をすべて捨てる


難しいようにも見えるが、案外やることは単純である。

手札を捨てる効果は確かに強力なことには違いないのだが、元が5マナで、さらにそこから何ターンか時間がたってからの誘発となると使いにくいどころの話ではない。まぁ、手札破壊の適正な色ではないからしょうがないのか。
せめてドロー・ステップに誘発して欲しかった。

  • 「アクション」は座ったままでもできる安全なものでなくてはならない。(手を叩くとか、耳を引っ張るとか)
  • 「アクション」は特定の言葉を喋ることでもよい。Censorshipコンボすることもできる。
  • 終了する前にこのエンチャント破壊されたのならば、以降続ける必要は無い。
  • お役所仕事の成果で現在オラクルテキストの文字数706文字でぶっちぎりトップ。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。