Eye to Eye


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Eye to Eye》(目と目)

#whisper

クリーチャーにも効くが再生可能な闇への追放/Dark Banishing
ただしにらめっこに勝たなくてはいけない。
ちょっと効率は悪いが、エンターテイメントとして使いましょう。

  • 自分がコントロールするクリーチャーに使った場合に関して、FAQには「鏡を持ってきたらいいんじゃない? 多分、引き分けになるだろうけど。」とのアドバイスがある。
    時間について厳密に考えるならば、本体が笑ったことが鏡面に反映されるまでにわずかな時間の差が生じる。(光の速さは有限だから)
    ということで鏡を持ってきてにらめっこしたら本物のほうが負ける。とすると楽しい気がする。「破壊されないんだからする意味がない」とか言ってはいけない。アンヒンジドなんだから。

サイクル

アンヒンジドのミニゲーム・カード。ミニゲームに勝った時のみ効果がある。引き分けは駄目。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。