Glyph of Reincarnation


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Glyph of Reincarnation》

#whisper

レジェンド利用インスタントサイクル版。
このサイクルの中では珍しく、柔軟な使い方が期待できるのが特徴。

こちらの壁を利用する前提では、壁がブロックした相手アタッカーを「生まれ変わらせる」モノ。
一種の除去手段ではあるが、相手の頭数は減らないので頼りない。
この使い方だけなら、同じサイクルにあるGlyph of Doom下位互換と言って良いだろう。

逆に相手が壁を使っているならば、こちらのアタッカーを生まれ変わらせることができる。
この場合、同セットのReincarnationとほぼ同じ。
動作からいって、こっちの使い方を本命にしたいところだが、相手が壁を使っているかどうかという不確定要素に悩むことになるだろう。

  • 墓地掃除し、さらに破壊したクリーチャーが墓地に行かない工夫をすれば、デメリットを帳消しに出来る。
    相手がトークンクリーチャー化したパーマネントなら、墓地掃除だけでOK。
    妙に手間のかかるカードである。
  • 個別エンチャント+1/+1カウンターなどの後付け強化を強引に引き剥がすために使うという考え方もあるにはある。
    もちろん、戻ってこない方がありがたいのは言うまでもないことだが。

サイクル

レジェンドの、ブロックしている専用の強化インスタント

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。