Gurn Keep


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Gurn Keep

Gurn Keep(ガーン砦)

Crimson Peaks(クリムゾン・ピークス)ドワーフの砦/Dwarven Holdの1つ。
周囲は濠が取り囲み、正門から橋が架けられている。正門の高さは人間の成人男性の身長の2倍、幅はその半分程度。

平和な時代、春の祭りには、城壁の 矢狭間 (やざま)(arrow-slit)にはデイジーの花を挿し、マーダーホール()からは花びらが舞い、山羊や羊、鹿、馬のパレードが正門から中庭へと続き、中庭では人々が踊り、タバコをふかし、ビールをしこたまあおっていた。
注:マーダーホール(murderholes)とは、外門と内門の間の通路天井に仕掛けられた穴。石、煮立った油、溶けた鉛などを侵入して来た敵の頭上に落とす。殺人孔。

砦の長老Hamon(ハモン)Kal(カル)の指導の元に、First Wacth Keeper(第1監視番)やSecond Wacth Keeper(第2監視番)、Third Wacth Keeper(第3監視番)などの役職が従う。軍人には将軍Danhelm(ダンヘルム)、隊長Sarya Haasendel(サリア・ハーセンデル)らがいる。

Teedmar(ティードマー) 壊滅後、押し寄せて来たゴブリン・オークの大軍団に対し籠城戦の構えで当たるが、溢れ返る難民で飽和状態となり混沌とした砦には、敵軍を追い払う戦力も長期に亘って戦う物資も残されていなかった。
兵士でない者や老人、子供も一丸となって侵略者と戦い続けたが、一度守りを破られた砦はあっけなく陥落。裏門から逃げる者も坑道に立てこもった者も、性別・年齢お構い無しに虐殺されてしまった。無慈悲な敵は捕虜を取る習慣など持ち合わせていなかった。

砦陥落の要因に関し、長老や司令官の間で、「軍事アドバイザーとして雇ったリーオッド・ダイ/Reod Daiがゴブリン・オークと通じていた」、「漆黒の手教団/Order of the Ebon Handの援軍が敵に寝返った」などの憶測がされたというが、真相は不明。

ドワーフの生き残りは、ゴブリンやオークの苦手とする寒冷なクリムゾン・ピークスの奥地へと逃れ、隠れ住むようになったという。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。