Lost Order of Jarkeld


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《Lost Order of Jarkeld》

#whisper

相手にクリーチャーがいればいるほど強くなるクリーチャー。

正直単体では厳しい性能。
相手にクリーチャーがまったくいなければ、1/1バニラ相当で、お話にならない。
相手に2体がいれば、3/3でぎりぎり合格ライン。
3体以上いればマナ・コストとの比率面では十分優秀になるが、回避能力がないため、どんなに大きくなってもチャンプブロックで以上、となってしまう。

しかもこれが倒せるクリーチャーとの間で直接戦闘になると、その相手クリーチャーを倒すと同時に(相手クリーチャーが減るため)弱体化してしまうため、結果的に、自分より一回り小さい相手と相打ちになってしまう。
極端な話、相手に1/1クリーチャーが1体だけという状況でも、これは実質的に攻撃にいけない。
相手クリーチャーが1体だからこれは2/2なのだが、その1/1と戦闘を行うと、これは1ダメージを受け、かつ相手クリーチャーが0になってしまい・・・というわけだ。
4マナクリーチャーでこれでは、厳しすぎる。

なんらかの回避能力を与えることができれば、巨大になる可能性も含めて、クリーチャーデッキ同士のにらみ合い状況の打開カードとして使えないことはないが、そういう段取りがあってマナ・コスト相応では、採用されづらい。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。