MoMa


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#norelated

MoMa

デッキ禁止カードを6枚も輩出したマジック史上最悪クラスのコンボデッキ
MOMA/MOMa/Moma/MoMA等とも表記される。
最新のキーカードの初出はウルザズ・サーガ
名前の由来は

などの理由からなる。
別名、『ターボ・ジーニアス』、『トレイリアン・ブルー』。単に『アカデミーデッキ』と呼ばれる事もある。

#whisper #whisper #whisper #whisper

マナ・アーティファクトを並べ、トレイリアのアカデミー/Tolarian Academyで大量のマナが出せるような状況を作る。
さらに時のらせん/Time Spiral意外な授かり物/Windfall等で手札を補充させ、精神力/Mind Over Matterで手札を更に大量のマナに変え、その莫大なマナをもって相手に止めを刺す。
止めのカードとしてはドローを兼ねたX火力として天才のひらめき/Stroke of Geniusが用いられる事が多いが、火の玉/Fireballも使っている場合が多い。タワーデッキ等のライブラリーアウトがほぼ効かない相手や、60マナも生み出せそうに無く少ないマナで止めを刺す必要が出てきた時の保険である。
また、ゲームの半分以上がミラーマッチになりかねない程のMoMaの海において紅蓮破/Pyroblast等の色対策カードエクステンデッドではゴリラのシャーマン/Gorilla Shamanなどのマナ・アーティファクト破壊)を使うためもあって、タッチ赤のタイプが主流になった。

キーカードの精神力/Mind Over Matterをあわせると、当時のスタンダードの禁止カード10枚の内6枚の原因となり、全ての構築環境を荒れさせ「MoMaの冬」を生み出した。

その凶悪さは、

今のゲームは3つのステップに分かれている。
第一段階がコイントス。
第二段階がマリガンチェック。
第三段階が――先手第一ターンだ。

と言う、傍から見ればとんでもないジョークを生み出す原因となったほどである。

実際、カード・プールの狭いスタンダードですら1ターンキルの発生する確率が5%を超えていたのである。カードプールの広がるエクステンデッドヴィンテージ(当時Type1)ではもっと酷い。

精神力が禁止されるまでの間に「キーカードが禁止される→代わりのカードを探す」ということを繰り返したため、時期によって大きく3つの型に分けられる。
初期型は上で説明された、トレイリアのアカデミーで大量のマナを出すタイプである。→*1
中期型は禁止されたトレイリアのアカデミーの代わりにドリーム・ホール/Dream Hallsで精神力を場に出し、魔力の櫃/Mana Vaultから大量のマナを得る。→ドリームホールモマ
後期型はさらに禁止されたドリーム・ホールと時のらせんの代わりにそれぞれ実物提示教育/Show and Tell先細りの収益/Diminishing Returnsを、スタンダード落ちした魔力の櫃/Mana Vaultの代わりに厳かなモノリス/Grim Monolithを用いている。→*3

  • エクステンデッドでHigh Tideを使用するバージョンは、ハイタイドモマの名で呼ばれている。
  • 手札が無いとコンボが回らないため、強いて言えば手札破壊が弱点であるとも言えるが、一瞬で7枚まで手札を回復してしまうドロー能力も持ち合わせる為、完全に0枚に縛っておかないと意味が無い場合が多く、そして一般的な手札破壊の手段ではそれは無理に近かった。
  • R&Dではウルザズ・サーガの開発時からMoMaのようなデッキを組めることは知っていた。
    実際にテストデッキも作ってテストプレイしたのだが、結論は「勝利前に高確率で手札が尽きる。リスクの強いコンボデッキとしては妥当」。
    こんな結論が出てしまった理由となる最大かつ致命的ミスは、意外な授かり物/Windfall時のらせん/Time Spiralの存在を見落としていたことである。
  • よく対戦がソリティアになってしまうと言われるが、使われる側からするとソリティアより酷い。
    相手が時のらせんや意外な授かり物をプレイするたび、自分もライブラリーを切り直したりカードを引いたりする必要があるので、非常に面倒なのだ。
  • 金澤尚子女史曰く、「対MoMa用サイドボードはドラムバック満タンに詰めた漫画ガラスの仮面」だそう。
    ゲームが始まってすぐにソリティアになってしまうので、漫画でも読んで暇をつぶしているのが一番だと言う意味らしい。
  • 実はヴィンテージでは今のところ精神力/Mind Over Matterは制限カードでないため、もしかすると…。

初期型(エクステンデッド)

最初期型のMoMa。つまり、禁止カードが1枚も抜けていない完全体バージョンである。
当然圧倒的なまでの強さを誇り、ミラーマッチばかりになるので、その対策の為に単色ではなくが数枚タッチされている。

初期型(スタンダード)

メインデッキ サイドボード
0 クリーチャー 4 寒け/Chill
41 呪文 3 解呪/Disenchant
3 魔力消沈/Power Sink 3 日中の光/Light of Day
1 転覆/Capsize 2 ヨーグモスの意志/Yawgmoth's Will
3 直観/Intuition 1 無のブローチ/Null Brooch
3 精神力/Mind Over Matter 1 紅蓮破/Pyroblast
3 天才のひらめき/Stroke of Genius 1 天才のひらめき/Stroke of Genius
4 時のらせん/Time Spiral
3 意外な授かり物/Windfall
4 魔力の櫃/Mana Vault
3 水蓮の花びら/Lotus Petal
3 巻物棚/Scroll Rack
4 モックス・ダイアモンド/Mox Diamond
3 通電式キー/Voltaic Key
1 火の玉/Fireball
3 紅蓮破/Pyroblast
19 土地
3 島/Island
4 真鍮の都/City of Brass
4 古えの墳墓/Ancient Tomb
4 不毛の大地/Wasteland
4 トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy

使い、デッキチューナーとして名高い小宮忠義の手により、こちらもメインでサイドボードでは更にをもタッチしてミラーマッチに有利な構成となっている。
紅蓮破/Pyroblastはミラーマッチにおいてだけでなく、対策カードである秘儀の研究室/Arcane Laboratoryなどにもよく効く。
瞬殺コンボデッキでありながら4枚投入された不毛の大地/Wastelandも、ミラーマッチを考慮してのものである。

後期型

こちらは単色である。
サイドボードには新緑の魔力/Verdant Forceが潜んでいて、2戦目から実物提示教育/Show and Tell水蓮の花/Lotus Blossomで奇襲する『V作戦』が印象的。
これが功を奏して2日目トップになったが、決勝トーナメントでは既にタネが知られた為に負けを喫した。

  • 禁止カードの連発でこれほど弱体化していながらも、メタのトップに君臨していた。

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。