And Peace Shall Sleep


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

And Peace Shall Sleep

Harper Prismの小説第九作目(アンソロジーも含めると十一作目)。

サーペイディア暗黒時代を舞台に繰り広げられる、ドワーフの少女に恋をした、ある人間傭兵の物語。

(表紙の文句から)

ドラゴンの卵に一つ問題が―もうすぐ孵りそうなんだ!

(裏表紙から抄訳)

リーオッド・ダイ/Reod Daiは大金を―エルフの金を―しこたま頂いていた。アイケイシア/Icatiaゴブリンの国境にひと波乱起こす報酬だ。 ヘイヴンウッド/Havenwoodのエルフといえば払った分の見返りを得ていた。
ドラゴンの卵。そいつは申し分ない武器となる。特に、使い道を心得たリーオッドのような輩にとっては。
ところが、エルフたちは心変わり、突然の契約破棄。資金も尽きかけ、取るべき道も限られたリーオッド。ドラゴンの卵の件について、一か八かエルフとの直接交渉に賭け、ヘイヴンウッドへと向かう。
あの卵どもを使わなくては。それもすぐに…。さもないと…。

Sonia Orin Lyris 著(1996/07)

  • 短編The Going Price(Tapestriesに収録)を下敷きに書かれた小説。
    この小説の第二章は短編に加筆・修正をしたもので、設定が若干変更されている。
  • 題名『And Peace Shall Sleep』は、William Shakespeareの『リチャード2世』の一節「Peace shall go sleep …」を元にしたもの。

注意:作品の内容に関する記述が以下には含まれています。

主な登場人物

参考

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。