えっちなお姉さんズ(163)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

泣いてる僕を無視して、佐紀ちゃんは起き上がりちんちんを抜きました。
だいぶ薄くなった僕の白いのを太腿に伝わせながら、佐紀ちゃんは僕の股間に移動しました。
「佐紀ちゃんすごぉいっ!みやも先っぽ練習しよう!」
「危険日すぎたら教えてあげるねっ!」
「んあっ!2本はだめぇっ!」
楽しそうに話してた佐紀ちゃんは、雅ちゃんが抜く前に指をお尻に入れて来たんですっ!
「あっごめん、痛かった?」
「・・・」
散々描き出されたお尻のヌルヌルで、不思議と痛くは無かったんです・・・
首を横に振る僕に優しく微笑んで、佐紀ちゃんが根元まで指を捻じ込み、雅ちゃんが指を抜きました。
「熊井ちゃんがしてくれるんだし、おちんちんカチカチにして待ってようねっ!・・・んっ・・・」
「あぁっ!佐紀ちゃんっ!おねがいだから激しくしないでぇっ!んあぁっ!」
雅ちゃんと友理奈が僕の足を持つのを交代する間、佐紀ちゃんがちんちんを咥えるんですぅっ!
いかせるつもりはないらしく、佐紀ちゃんの舌は優しくゆっくり先っぽを舐めまわすんだけど・・・
あぁんっ!気持ちいいよぉっ!
気持ちよすぎてちんちんがバカになっちゃったのか、いつもならもう大きくならないくらいなのに
ちっとも小さくならないんですぅっ!
「ピクピクしちゃって・・・可愛いっ!・・・んっ・・・」
「んんっ!・・・んっ!・・・あっ!友理奈ぁ・・・」
痙攣している僕を笑顔で見下ろし、友理奈が僕に舌を入れて来たんです。
「友理奈おねがいっ!・・・」
「止めないよっ!」
「うん・・・止めなくていいから・・・おねがいっ!優しくしてよぉっ!」
僕はやられちゃうのは諦めました。でも、どうせならいっしょにいきたいし・・・
泣きながらお願いする僕を、友理奈が優しく抱きしめて見つめました。お願い聞いてもらえるのかな?
「だめっ!」
僕の耳元でそれだけ囁き、友理奈が僕を跨ぎました。
「そんなぁっ!ひどいよぉ友理奈ぁっ!んっ!んあぁっ!」
ちんちんから佐紀ちゃんが口を離し、友理奈が僕を見つめて笑いながらちんちんをおまんこに入れたんですっ!

「あたしも先っぽいじめてあげるぁらねっ!」
友理奈はちんちんを根元まで入れずに、先っぽだけ入れて止めたんです。
「ゆっ、友理奈ぁっ!最初くらいは全部入れてよぉっ!」
「だめっ!それと・・・」
友理奈が身体を前に倒し、左腕だけで身体を支え、右手をお腹の下に潜り込ませました。
「んあっ!いやっ!だめぇっ!」
「敏感なカリ溝を、皮で隠せないようにしちゃうんだからっ!」
友理奈が先っぽのくびれに引っ掛かってるちんちんの皮を、根元に向かって引いたんですっ!
「思いっきり締めて、入り口でカリ裏を引っ掻いてあげるからねっ!・・・んんっ!・・・あっ!」
「はぁっ!あっ!友理奈ぁっ!いやぁっ!止めてっ、出ちゃうぅっ!」
引っ掛かってた皮のガードが無くなったくびれの溝を、友理奈のおまんこがヌルヌル擦りはじめたんですっ!
佐紀ちゃんの時は皮があったけど・・・今は剥き出しになったくびれを、友理奈の入り口がぁっ!
硬く締まった友理奈の入り口が、プリっプリめくれながら舐めるんですぅっ!
「あぁんっ!熊井ちゃんそんなの可愛そうだよぉっ!・・・よぉしっ!あたしもっ!・・・」
「いやぁっ!佐紀ちゃん止めてぇっ!」
佐紀ちゃんが指を出し入れしながら・・・お尻の穴の縁を舐めてるんですぅっ!
お尻の穴をめくり上げる指と、こそばゆい舌の動きがっ!・・・気持ちいいっ!
「やぁんっ!佐紀ちゃんだめだよぉっ!予定より早く出ちゃうじゃなぁいっ!」
ビクビク脈打つ僕のちんちんをおまんこで感じ、友理奈が佐紀ちゃんに振り返りました。
「・・・」
「もうっ!・・・仕方ないなぁ・・・じゃあ佐紀ちゃんいくわよっ!」
お尻を舐めるのを止めない佐紀ちゃんと目が合うと、友理奈と佐紀ちゃんは目で合図し合い・・・そして・・・
「んあぁっ!おねがいだからぁっ!出ちゃうから止めてぇっ!あぁっ!」
「あんっ!いかせるためにしてるんだもんっ!止めるわけないでしょうっ!」
友理奈はおまんこを更にきつく締めて動きを速めました。
佐紀ちゃんの舌も・・・あぁっ!縁を撫でるだけから、指とお尻の穴の間に割り込むような舐め方にぃっ!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。