えっちなお姉さんズ(175)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はぁっ!・・・あっ!・・・おちんちん・・・いいよぉ・・・」
佐紀ちゃんが僕の腕を引っ張ります。
僕は佐紀ちゃんにされるがまま体を重ねました。
「泣かせてね・・・」
佐紀ちゃんが僕を見つめてそう言いました。
僕は頷いて佐紀ちゃんを見つめ返しました。
「うん。僕がんばるから、佐紀ちゃんもちゃんと泣いてよ。」
「うんっ!」
可愛い笑顔で頷いた佐紀ちゃんに、僕は舌を絡ませました。
いつもなら激しく絡む佐紀ちゃんの舌が、佐紀ちゃんの口の中で遠慮がちに小さく動くんです。
「どうしたの佐紀ちゃん?」
僕が口を放して聞くと、佐紀ちゃんは真っ赤になって僕を見つめました。
「いっちゃいそうなんだもん・・・がまんしてた時間の方が長いから・・・」
「今日はいつもより回数少なかったもんね。ごめんね佐紀ちゃん。」
恥かしそうに答える佐紀ちゃんが可愛すぎて、僕は佐紀ちゃんを抱きしめました。
そして、佐紀ちゃんを抱きしめたまま、ちんちんでおまんこを擦りはじめました。
先ずはゆっくり動いて、ちんちんに佐紀ちゃんのヌルヌルを塗って馴染ませます。
「あっ!・・・あぁんっ!もっと速くぅっ!そんなんじゃいけないよぉっ!」
佐紀ちゃんが焦れて激しく首を振っています。
「まだっ!最初に佐紀ちゃんをいかせるのは僕じゃないからね。」
「えっ?」
戸惑う佐紀ちゃんをよそに、僕は雅ちゃんを手招きました。
「なあに?」
「雅ちゃんまだ佐紀ちゃんに仕返ししてないでしょう。」
僕がそう言うと、雅ちゃんはちん太くん2本攻めを思い出し、僕に頷きました。
「みやっ!ごめんっ!謝るからぁ・・・だからおねがいっ!許してぇっ!」
佐紀ちゃんが泣いて逃げようとするけど、僕の体重で動けず、ただもがくだけです。
僕は雅ちゃんの顔を引き寄せ、佐紀ちゃんに聞こえるように耳打ちしました。
「佐紀ちゃんにちん太くんは無理だから、指でお尻ほじってあげて。」
「うんっ!でも、普通にしてもつまんないから・・・指2本ねっ!」
「あぁんっ!そんなのいやぁっ!」

僕が嫌がる佐紀ちゃんを押さえつけると、雅ちゃんは僕と佐紀ちゃんのお尻の方に移動しました。
「あっ!雅ちゃん、僕のはいじっちゃだめだよっ!」
「分かってるっ!それはまた今度ねっ!」
僕がおねがいすると、雅ちゃんは笑顔でそう答え、佐紀ちゃんのお尻に指を当てました。
「おねがいだから止めてよぉ・・・」
不安そうな佐紀ちゃんに首を振り、僕は佐紀ちゃんを見つめました。
「ちょっとずつお尻広げて、いつか佐紀ちゃんも2本入れようね。」
「んっ!・・・んあっ!いやぁっ!」
雅ちゃんが指を入れたんです!
僕からは見えないけど、ちんちんの裏側で動く雅ちゃんの指の感覚と、すごく締まる佐紀ちゃんのおまんこで分かります!
「はぁっ!・・・あっ!・・・んあっ!・・・」
佐紀ちゃんが苦しそうに喘いでいます。
「佐紀ちゃん痛い?大丈夫?」
「大丈夫なわけ・・・あっ!・・・ないでしょうっ!はうっ!・・・」
佐紀ちゃんは僕に文句を言うためにお尻を締めちゃったみたいで、苦しそうに顔を歪めました。
でも「痛い」とは一言も言わないんです。
僕はちんちんの出し入れをゆっくり再開しました。
あうぅ・・・雅ちゃんもお尻の指を動かしはじめたんです!
雅ちゃんの指がちんちんの裏側を撫でるように動くんです!
佐紀ちゃんのおまんこは狭くなってるし・・・気持ちいいっ!
「いやぁっ!止まってぇっ!お尻がぁっ!・・・おまんこがぁっ!・・・んあぁっ!」
「佐紀ちゃんいいの?気持ちいいの?」
「気持ちよすぎて苦しいよぉっ!あぁっ!おねがいだからどっちか止めてぇっ!」
強すぎる快感に暴れる佐紀ちゃんを押さえると、僕はちんちんをほとんど動かすことが出来ません。
でも、動けない僕のちんちんの裏側で、雅ちゃんの指が激しく動きはじめました!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。