えっちなお姉さんズ(246)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「みやぁ、今はまだ手伝ってもらうことないから舐めてもらってれば。」
佐紀ちゃんが僕の背中をおっぱいで撫でながら、横で見ている雅ちゃんにそう言いました。
「う、うん。いいの?」
「うん。手伝って欲しいときは呼ぶから。」
佐紀ちゃんが僕の背中からお尻に身体をずらしながら言うと、雅ちゃんは頷いて僕の顔の前に座りました。
「ちょっとごめんね。んっ・・・よいしょっ・・・はいっ!舐めていいけどいかせちゃだめだよ。」
雅ちゃんは僕の両脇に脚を通し、マットの枕部分に座って身体を反らし、お風呂の床に両手を突きました。
僕の顔は雅ちゃんの太腿に挟まれておまんこに押し付けられた格好になってます。
うつ伏せでこの格好だと僕はしゃべれないので、そのまま舌を伸ばして雅ちゃんの割れ目の中に挿しこみました。
「あっ!・・・ねえ、クリちゃんじゃなくて中舐めて・・・んっ!あんっ!あっ!そんな感じぃっ!あっ!」
僕が言われた通りにおまんこの穴に舌を入れると、雅ちゃんが背中を反らせて上を見ながら太腿を震わせました。
佐紀ちゃんはまだ僕の太腿におまんこを押し付けて擦ってます。
佐紀ちゃんが僕のちんちんを直接いじってくる前に、いっぱい雅ちゃんの舐めておかなくっちゃっ!
僕は雅ちゃんに舌を出し入れして、中に溜まってるヌルヌルを掻き出すように舐めました。
「あんっ!もうっ!えっちな舐め方するんだからぁ!あっ!いやぁんっ!入り口弾かないでよぉっ!あっ!」
雅ちゃんが喜んでくれてますっ!もっとしてあげるからねっ!雅ちゃんっ!
僕はもっと激しく舐めてあげるつもりだったんです。でも・・・あぁっ!佐紀ちゃぁんっ!
「2人で楽しんでんじゃないわよっ!せっかくしてあげてるのにぃっ!」
「んんーっ!」
僕呻きながら体反らせちゃいました。だって佐紀ちゃんがお尻の穴舐めながらちんちんいじるんだもん!
いつもはもっと後で直接攻撃だから油断してたんだもんっ!あっ!佐紀ちゃぁんっ!
「んっ!・・・みやっ!クンニおしまいっ!手伝って!」
「う、うん・・・佐紀ちゃん、みやはなにすればいいの?」
「ちょっと待ってね。ほらっ!うつ伏せ終わりっ!横向いてっ!あん、こっちじゃなくてみやの方ぉっ!」
僕は佐紀ちゃんに言われた通りに体を立て、佐紀ちゃんにお尻を、雅ちゃんにちんちんを向けました。
「そしたらこうやって膝を立ててっと・・・はいっ!準備完了っ!」
佐紀ちゃんは僕の上になっている左足を、膝を曲げさせてマットに着けました。
足4の字を返してる途中みたいな格好です。
「みや、もうなにするか分かるよねっ!」
「うんっ!佐紀ちゃん任せてっ!」
「じゃあいくよっ!せーのっ!」

「あっ!んあっ!2人がかりは止めてよぉっ!あっ!」
仰け反っちゃいました。
だって雅ちゃんがちんちんを咥えて、佐紀ちゃんがお尻の穴舐めるんだもんっ!
それに2人で金玉さするんだもんっ!
「あぁっ!雅ちゃんっ!先っぽ舐めながらちんちん手でしごかないでぇっ!んあっ!」
僕気持ちよくって、体がビクってなっちゃいました。
でもそれで足が滑って左足が倒れちゃったんです。痛ぁっ!
「さっ、佐紀ちゃん叩かないでよぉっ!」
「じゃあちゃんと足広げててっ!舐めにくいでしょうっ!」
「ごめんなさぁい・・・あっ!雅ちゃん?・・・」
佐紀ちゃんに怒られて謝っていると、雅ちゃんが身体を僕の足の方にずらして、僕の左腿を肩に担ぐように乗せてくれたんです。
「この方が楽でしょっ!」
「うんっ!ありがとっ!雅ちゃんっ!」
「みやぁ、甘やかしちゃだめだよぉっ!」
佐紀ちゃんが僕のお尻から顔を上げて、僕の腰にあごを乗せて雅ちゃんに文句を言いました。
「このくらいはいいじゃない。ゴム越しフェラになっちゃったから、そのお詫びなのっ!」
「もう・・・甘いんだからぁ、みやは・・・」
佐紀ちゃんはそう言うと、また僕のお尻の穴に戻って舐め始めました。
あっ!だめっ!佐紀ちゃん舌入れちゃだめぇっ!
「ねっ、ねぇっ!いつまで舐めるのぉ?あぁっ!僕出ちゃうよぉっ!」
僕ががまん出来ずに言うと、やっと2人は口を離してくれました・・・はぁ・・・出さずに済んだぁ・・・
「攻められると弱いのは相変わらずねっ!ちょっと安心したっ!」
佐紀ちゃんが後ろから僕に抱き付いてそう言って笑いました。
「もうっ!いっぱいするんじゃなかったの?攻められると僕いっぱいしてあげらんなくなっちゃうっ!」
僕がちょっと怒って佐紀ちゃんに言うと、佐紀ちゃんは笑いながら僕の耳を噛みました。
「方針変更っ!がまんの仕方が可愛いから、みやと2人でいっぱいいじめてあげるっ!ねっ!みや!」
「えぇっ!そんなの可哀想だよぉっ!佐紀ちゃぁんっ!」
あぁっ!雅ちゃんまでぇっ!
口ではそんなことを言いながらも、雅ちゃんはちんちんを手でしごきながら僕の乳首舐めるんですぅっ!
楽しそうなんですぅっ!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。