PARライト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「パーライト」。レンズと光源(電球)が一体化しており、フォーカスをとることは出来ない。照射面は、中央部分が強く、輪郭に近づくほど光が弱くなり、見た目は猫の目のような感じである。
また光力がとても強いため、投光線(ビーム)がはっきりと出る。ただし、ビームを出すには、スモークを炊く必要がある。
商品名ではないが、種類としてはPAR64、PAR56、PAR36(ミニパー)などがある。シールドビームの種類には、ミディアム、ナロー、ベリーナローがある。ミディアムが最も光が拡がり、ベリーナローがもっとも絞られた明かりになるので、たとえばビームを出すときにはミディアムよりもベリーナローが望ましいと言える。

長所

安価・軽い・光力が強い・ビーム効果がある。

短所

色ムラが激しい・フォーカスが取れない。

PAR64
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル