吉里吉里/tjs2解説

繰り返し while


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同じスクリプトを何度も実行(ループ)させたい場合がよくあります
そのためにwhile文があります

// whileサンプル
var i = 0;
while(i<3) {
    System.inform(i);
    i = i + 1;
}
これを実行すると0から2まで順に表示されます
while(i<3)の3の部分を変えると繰り返される回数が変わります
また、最初のvar i = 0;というのは
var i;
i = 0;
を省略した形です。変数を宣言する時に同時に値を代入する(変数を初期化する)方法です

 while(条件式) {
  繰り返されるスクリプト
}
条件式が真の間は何度も繰り返されます。
条件式がいつまでも真であるスクリプトを書くと、いつまでもループを抜け出せない無限ループに陥ります
たとえば最初のwhileサンプルのスクリプトで
i = i + 1;
の文を消すといつまでもループを抜け出せません
このようなスクリプトは書かないように注意しましょう
whileの動作
 1.条件式が真ならば2.に進む
      偽ならばループを抜ける(2.以降は無視される)
 2.繰り返されるスクリプトを実行
 3. 1.に戻る


また、while文では最初から条件式が偽である場合は{}の中は一度も実行されません
最低1度は{}内を実行させたいときにはdo~while文を使います
do {
  繰り返されるスクリプト
}while(条件式);
これは一番最初は条件式が真か偽か調べず、繰り返されるスクリプトをそのまま実行します
2回目以降から条件文を真か偽か調べて真ならばdoに戻り、偽ならばwhileを抜けた次の文にいきます

do~whileの動作
 1.繰り返されるスクリプトを実行する
 2.条件式が真ならば1.に戻る
     偽ならばループを抜ける

更新履歴

取得中です。