吉里吉里/tjs2解説

演算子とは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これから今の時点で説明できる演算子をまとめて説明していきます

+ - / *など、KAGで使えた演算子はtjsでも使う事が出来ます
知っている演算子もあると思いますが細々とその他の事もやるので読んでいってください

変数や文字列などの演算子以外はオペランド(被演算子)と呼ばれます
以下の例のAやBなどはオペランドだと思ってください

演算子は何種類かに分ける事が出来ます
   単項演算子
例)A++; !A; typeof A; など
++, !, typeofが演算子です
単項演算子とはオペランドが一つだけのものです

   二項演算子
例)A+B; A = B; A >> B; など
+, =, >>が演算子です
二項演算子はオペランドが二つ必要なものです

   三項演算子
例) A ? B : C;
? :が演算子です
三項演算子にはオペランドが三つ必要です。
TJSには三項演算子としては ? : (条件演算子)しかありません

他にも分類の仕方はありますがとりあえずここまで

更新履歴

取得中です。