憐桜学園料理長(れんおうがくえん りょうりちょう)


若い頃ゲテモノ料理好きなお嬢さまに追い詰められて半年間失踪し、エジプトでエイリアンの肉を拾って究極のゲテモノ料理を作ってしまった。
それを食べたお嬢さまは二度とゲテモノを食べなくなり、半年後に原因不明の病で死んでいる。
海斗も生死を彷徨うことになる。

何でも失踪した半年の間にアメリカ・中国をはじめ、アフリカからロシア、先住民族が住まう地とゲテモノ料理を求めて各国を放浪。
その際に先住民族達との戦闘に発展して数多くの死傷者を出した事や、断崖から突き落とされ、意識を取り戻した時に介抱してくれた村娘と恋に落ちた事がしばしばあったらしい。

海斗「……こっち見て舌なめずりしてるぞ」
つか、只者じゃないぞあのジジイ。
凄まじい気配を持っている。

「その昔、私がまだ若かった頃の話です」

  • 一発ネタとしてはキャラが濃すぎる。 -- 名無しさん (2010-05-20 02:58:06)
名前:
コメント: