牛歩戦術


議会において野党が用いる戦術の一つ。
投票の列に並んでいる間、時には立ち止まったり足踏みしたりしながらゆっくり前進して時間稼ぎをすることで、議題の可決に対する抵抗の意を示す。

尊徳「僕はあまり、走るような歩き方は好きじゃない」
海斗「少しも早歩きじゃない。
   むしろ牛歩戦術のような歩き方をするおまえが変だ」
尊徳「いいじゃないか牛歩。僕は好きだぞ」

名前:
コメント: