道のSurface編集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Edit Track Surface Properties

コース路面の形状、地面の種類を指定する事が出来ます。

Shape


公式ページにチュートリアル動画(英語)があります
Tutorials-Shapes をご覧ください
http://www.bobstrackbuilder.net/videos.aspx

Shapeではコース路面の形状を変えることが出来ます。

v0.8

v0.8では3D上からも編集できるようになりました。
これまでと同じようにSurfaceウィンドウから編集できるほか、3Dのコース上からドラッグして形状を変える事が出来ます。
Ctrl+クリックで新しい点を追加する事が出来ます。
Yキーを押しながらドラッグする事で、上下Y軸のみの編集が出来ます。

v0.8からの右クリックウィンドウ


Select Cross Section

Cross Sectionという新しい要素がv0.8から加わりました。
あらかじめ形状やマテリアルを登録し、XPacksに入れることによって、登録した形、マテリアルに変更する事が出来ます。
XPackerで登録してから使う事。

CopyとPaste

v0.8から形やマテリアルをコピー&ペーストできるようになりました。
形とマテリアル、形のみ、マテリアルのみの3つがそれぞれあります。

Align

点の整列が出来ます。パーセンテージにより、整列の具合が異なります。

Material



公式ページにチュートリアル動画(英語)があります
Tutorials-Materials をご覧ください
http://www.bobstrackbuilder.net/videos.aspx

Materialではコースの路面の種類を変えることが出来ます。

v0.8

Shapeと同じ様に、マテリアルも3D画面から編集できるようになりました。
マテリアル変更する場所の色が強調され以前より分かりやすくなりました。

v0.8からの右クリックウィンドウ


Select Cross Section

Shapeの同項目を参考してください。

CopyとPaste

Shapeの同項目を参考にしてください。

Add material

まだマテリアル指定されていない部分にマテリアルを指定する事が出来ます。

Replace Selected

選択されている部分のマテリアルを変更する事が出来ます。

Remove Material

選択されていいる部分のマテリアルを消す事が出来ます
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。