七色の軌跡:今後の展開

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ワークショップやメッセージカード交換などを通じて日韓の小学生たちは間接的な交流をしてきました。その中で「実際に会ってみたい!」という声が多く聞かれ、私たちはその願いを叶えるべく、韓国の小学生を広島に実際に招待することを企画しています。
この交流を通じて、より明るい日韓交流の未来が築かれることを願っています。

交流を記念した曲の作成


実施時期:3月~5月中

作品の完成と直接交流の記念として作品をイメージした曲を作成し、ワークショップに参加した日韓の小学生たちにプレゼントします。作曲は作曲家の方に依頼しますが、歌詞はワークショップ時に小学生たちに行ったアンケート内のキーワードを活かして、作曲者の方からアドバイスを受けながら、プロジェクトメンバーが制作しました。

韓国小学生の広島招待


実施時期:5月下旬予定

ワークショップに参加した韓国の小学生を広島に招待し、作品の鑑賞や、共同で作品を制作した日本の小学生たちとの直接的な交流の場を設けます。
招待するにあたって、以下の3つの行事を行います。

1.作品鑑賞


小学生たちに自分たちの作った作品を実際に鑑賞してもらいます。シャレオという地下に広がる“海”と“生き物”を見て子どもたちはどんなふうに感じるのでしょうか?

2.交流会


日韓の小学生が直接対面する交流会を催します。記念曲の合唱やグループでのゲーム遊び、出し物披露などを行います。総勢250名を越える盛大な行事となります。

3.広島観光


広島にはたくさんの観光資源があります。韓国の小学生たちにもその魅力を伝えたいと思い、広島の街を観光してもらいます。
また、都市ギャラリープロジェクトの目的の一つである“地域活性化”に、「観光」という視点から挑戦するという側面もあります。