※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アプリケーション



バージョン情報

AssemblyInfo.csのバージョン情報を変更する。AssemblyFileVersionをコメントアウトしておくと、ファイルのプロパティダイアログで表示されるバージョンが、全て同じ値となる。
末尾をアスタリスクにしておくと、開発中のバージョンが混沌とした状態で、確実に見分けられる。
[assembly: AssemblyVersion("1.0.0.*")]       // <-- 末尾をアスタリスクにする
//[assembly: AssemblyFileVersion("1.0.0.0")] // <-- 使わない
ついでに
[assembly: log4net.Config.XmlConfigurator(Watch = true)]
の1行も追加しておく。

バージョンアップによる設定ファイルの引き継ぎ


Settings.settingに、以下のコードを加える
    [System.Configuration.UserScopedSettingAttribute()]
    [System.Configuration.SettingsDescription("アップグレード確認をしたか")]
    [System.Configuration.DefaultSettingValue("false")]
    public System.Boolean IsUpgratedChecked
    {
        get { return (System.Boolean)this["IsUpgratedChecked"]; }
        set { this["IsUpgratedChecked"] = value; }
    }
program.cs内のmain先頭に以下のコードを加える
    // アップグレードが必要か?
    if (!Properties.Settings.Default.IsUpgrated)
    {
        DialogResult dr
            = MessageBox.Show(
                "アプリケーションのバージョンが変わりました。\n"
                + "設定ファイルを引き継ぎますか?", "設定ファイル",
                MessageBoxButtons.YesNo,
                MessageBoxIcon.Asterisk,
                MessageBoxDefaultButton.Button1
            ); 
        if (dr == DialogResult.Yes)
        {
            Properties.Settings.Default.Upgrade();
        }
        // Upgrade確認終了をマークする。
        Properties.Settings.Default.IsUpgratedChecked = true;
    }