※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高校受験から都立トップ校を目指す(^o^)/  都立トップ校はこんなに魅力的!

高校入試の頂点に君臨する都立トップ校が大人気の理由って?

 都内高校入試の最難関として今最も人気があるのが、都立日比谷高校、都立西高校、都立国立高校です。三つの高校を合わせて都立トップ校と受験業界では言います。最近はどの塾でも、都立トップ校の合格者数を最も大きく掲載しています。国私立高校で最難関の開成高校や筑波大学附属駒場高校も一定の受験者数を集めていますが、最近は合格しても進学せずに、本命の都立トップ校を受験して合格したらそこに入学する受験生が増えていると聞きますね。都立トップ校は最近、新聞や受験情報誌等でも大きく取り上げられています。都立トップ校の人気の秘密を知りましょう。

中高一貫校ではない環境が受験生に絶大な支持

 都立トップ校の共通点は、中高一貫教育校ではないことです。開成高校や筑波大学附属駒場高校のような難関国私立高校は中高一貫教育校です。中高一貫校に高校から入ることは、近年様々な弊害が指摘されています。高校から入る生徒よりも内進生の数の方が多いので、既にある友達関係の中にとけこんでいくのが難しいという点、カリキュラムが中高一貫教育を前提としているので高校から入っても伸びないという点、部活動や行事が内進生中心になりがちという点です。都立トップ校は高校単独校なので、全員が同じ条件下のもと高校生活がはじまります。やっぱり、高校は新たなスタートではじまるのが理想ですよね。中高一貫校という流行を追わずに高校受験生のためだけの学校を守り抜いている都立トップ校が人気な理由もうなずけるってことです。

中高一貫校への高校入学よりも学力が伸びる

 中高一貫校の生徒と高校から入学した生徒では、当然学習のバックグラウンドが異なりますから、学力の伸ばし方も異なります。都立トップ校の先生は東京都内でトップクラスといわれる指導力を持った優秀な先生の集まりです。都立トップ校の先生は高校受験から入学した子をぐんぐん伸ばす指導法を熟知したプロです。今の国私立中高一貫校には、高校受験から入った生徒を伸ばすノウハウが失われています。ですから、東大や医学部にたくさん合格している学校でも、高校から入った生徒はあまり受かっていません。東大や医学部を目指すなら、都立トップ校が一番の環境ということです。

高3になっても通塾者数が少ない都立トップ校  通塾率9割の国私立高校

 都立トップ校と、開成高校や筑波大学附属駒場高校などの国私立高校の大きな違いが通塾者数に表われます。国私立高校は学費や寄付金が都立トップ校よりも高いだけでなく、通塾者がとても多いです。内進生の多くが中1から通塾し、高校から入る生徒を含めて高校1年の通塾率は軒並み9割近くになります。ですから国私立高校に通うなら、寄付金や学費(ちなみに国立の学校は寄付金などで結構なお金が必要です)に加えて1年から高い塾代も払い続けなければなりません。1年から塾に通うと、せっかく高校に入っても、満足な学校生活が送れません。経済的にも充実した学校生活を送るためにも、早期の塾通いはしたくないとことです。都立トップ校は通塾者の少なさで有名です。例えば都立国立高校の広報誌によると高校3年になっても通塾者は学年の半数程度で、通っている子でも苦手な1つの教科だけ取るといったケースがほとんどです。1年からの通塾者はほとんどいません。その代り、学校が用意する無料の講習・補習を利用します。これは無料です。夏休みには100以上の講習が用意されています。なかには教養教育で有名な都立西高校のように、裁判傍聴や博物館見学といった課外講座を用意する学校もあります。都立トップ校には先生を信頼する文化があります。

都立トップ校に合格するための塾&模試

 都立トップ校は東京の高校受験の最難関です。学力トップ層が受験するので、並大抵の努力では叶いません。早期から高度な学習が必要不可欠です。最近はどの塾も都立トップ校対策に力を入れているようです。市進学院、河合塾Wings、ena、Z会進学教室、臨海セミナーのいずれを支持します。多摩地区なら学習塾enaをまず勧めます。Z会進学教室は質の高さで有名です。これらの塾のトップ層は、開成高校や早慶附属が第二志望で、第一志望を都立トップ校にしてきます。滑り止めは地域によりますが、早稲田高等学院、慶應義塾、豊島岡女子、海城、桐朋、青山学院などが定番のようです。模試は駿台模試という難関校向けの模試を受ける必要があり特殊です。模試というとVもぎやWもぎが都内では一般的ですが、それは都立トップ校を目指すような学力トップ層はほとんど受けません。駿台模試は都立トップ校を目指す受験生のほとんどが現在では受けます。偏差値は学校にもよりますが、日比谷と西は64、国立は62以上を目標とするのが良いでしょう。これがクリアできたら70を目指しましょう。目標は男子なら開成、女子なら慶應女子や学芸大附属などを滑り止めにすることです。

都立トップ校一覧

都立日比谷高校(千代田区)・・・府立一中が前身の日本が誇る名門校

都立西高校(杉並区)・・・文武二道で有名な東京最難関校

都立国立高校(国立市)・・・国高祭で有名な多摩地区最難関校

 学校名をクリックすると、高校受験君の学校情報コーナーに移動するよ!都立トップ校を目指す君は、今から猛勉強だ!