マンキャッチャー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マンキャッチャーについて


分類 特殊
地域 ヨーロッパ
全長 120cm~180cm
重量 1.0~2.0kg



マンキャッチャーとは戦闘などの道具ではなく囚人を捕らえておくための道具でした。
長い柄に二股のカーブした大きな穂先がついており
先端のほうが狭くなるような構造になってました。
二股の間は円状になっており内側にいくつもトゲが付いている事から
囚人の首に押し当てて輪の中に首を入れるという使用方法でした。
逃げ出そうとしても狭くなる先端はなかなか外れるものではなく
内側に付いたトゲで暴れればそれだけ自分を傷つける事になりました。

当時の囚人の扱いは非人道的な事が多くドイツなどで牢獄で使われてました。