ミストルティンの槍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミストルティンの槍について


分類
所有者 ヘズ
固有能力 なし


材質はヤドリギ、それをただ槍に加工しただけの武器である。
特殊な能力は何もないが「この世でバルドルを傷つけられる唯一の武器」ということだろうか。

北欧神話で有名なオーディンの息子である光の神バルドルは
その美しさと優しさから多くのものに愛されていた
が、その母であるフリッグがバルドルが死ぬ夢を見た後
この世の全てのものに収集をかけて「決してバルドルを傷つけない」と誓わせた。

バルドルのことをやっかんでいたロキはヤドリギが若いため誓約から除外されてる事を知り
密かにヤドリギを使って槍を作っていた。
神々は何者にも傷つけられなくなったバルドルに物を投げつけて遊んでいたが
(いいのかこれイジメじゃないのか・・・)
盲目の神であるヘズは目が見えないため一人外れていたが
ロキが「私が投げる方向を教えるから混ざらないか」と言いヘズにヤドリギの槍を渡す
ヘズは喜びヤドリギの槍を投げるとバルドルはそれに貫かれて死んでしまった。