他人の絵のほうが上手く見える


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分よりも他人の描いた絵のほうが上手く見える場合がある。

そう見えるのはあなた自身の長所である。


他人の絵のほうが上手く見える場合がある。

いや、ほとんどの場合、上手く見えるといってもいいかもしれない。


本当に「上手い」と思えるのなら、それはあなた自身に備わっている長所の一つが表れているのだ。


人のよいところを見つける。



これは教えられてできるものではない。

「上手い」と感じる何かを敏感にとらえる素晴らしい能力なのだ。

理論というよりは感性によるものであり、芸術には欠かせない特質であるといえる。



逆に、人の悪いところばかりが目についたり、揚げ足を取ったり、中傷したりする人がいる。

だからといって、「他人を見下すのだから、それ相応の能力を持っている」とは限らない。

むしろ、ほとんど逆といってもいいだろう。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|