えっちなお姉さんズ(098)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1回いっている友理奈の中は、すっごくヌルヌルであったかいです。
ゆっくり抜き挿しすると、溢れたおつゆがヌチヌチ音を立てます。
友理奈の胸に顔を埋めて動く僕に、友理奈が不安そうに声をかけました。
「んっ!・・・ねえ、どぉ?あっ!・・・気持ちいい?・・・」
「う、うん・・・狭くてヌルヌル・・・出ちゃいそう・・・」
僕がそう答えると友理奈は安心したみたいで、ちょっと笑顔を見せました。
抜く時は、先っぽのくびれの裏側を、友理奈のヒダヒダが舐めるように擦ります。
入れる時は、おしっこの穴からくびれまでを、閉じたお肉が広がりながら擦っていきます。
ほんとに出ちゃいそうです・・・
「ゆ、友理奈・・・ちんちんだけじゃ、いかせてあげられそうにないんだけど・・・」
「出ちゃいそうなの?あっ!・・・いいよ、んっ!なんでもして・・・任せるから・・・」
僕が今日最初だから無理だと分かってくれて、友理奈はズルすることを許してくれました。
「ごめんね。1回目はいつも早くって・・・」
僕がそう言って体を起こすと、友理奈は優しい笑顔で首を振りました。
友理奈のおまんこは周りまでヌルヌルで、ちょっとだけ生えたおまん毛も、濡れてペッタり貼りついてます。
僕は右手を友理奈のおまんこに当て、割れ目の上側を開きました。
「クリちゃんでもいい?」
僕が聞くと、友理奈はゆっくり頷きました。
「いいけど・・・ちゃんと一緒にいってね。」
僕は頷いて、先に出してしまわないように、少しだけ速くちんちんを動かし始めました。
「んっ!あっ!・・・あぁっ!ね、ねえっ!ほんとに一緒にいってねっ!んあぁっ!」
僕が友理奈のクリちゃんを皮の上から撫でると、友理奈の身体が仰け反りました。
キュっと締まったおまんこから、えっちなおつゆがピュっと飛びました。
「そんなに締めたら・・・僕もう出ちゃうよぉ・・・本気で動くからねっ!」
もうがまんする気はありません!僕は友理奈の中に出すために、ちんちんを最高速に上げました。

「あぁっ!クリちゃん強すぎっ!やぁっ!先にいっちゃうぅっ!」
本気で動いているために、指に力が入っちゃいました。
僕は指の力を抜いて、クリの皮を剥いたり戻したりに指の動きを変えました。
ヌルヌルに濡れて光るピンクのクリちゃんが、皮の中から見え隠れしてます。
「あぁん・・・いっちゃうぅ・・・」
友理奈が泣きそうな声でそう言うと、おまんこがきつく締まりました。
「友理奈ぁっ!出ちゃうぅっ!」
僕はちんちんの先っぽを友理奈の入り口に引っ掛けながら出し入れしました。
友理奈のきつく締まる入り口が、くびれに引っ掛かってめくれます。
先っぽをおまんこに強く擦られて・・・あぁっ!もうだめですっ!
「友理奈ごめんねっ!もう・・・あっ!出るっ!あぁっ!」
「あぁっ!出してっ!あたしももう・・・だめぇっ!」
僕は白いのが出ると同時に、ちんちんを根元まで友理奈に押し込みました。
「あっ!・・・」
深いところで勢いよく出る白いのの感覚に、友理奈の反った腰と内腿が震えています。
僕は友理奈にきつく締められたちんちんを通り抜ける白いのの快感に、動くことも出来ず、ただ出し続けました。
「んんっ!・・・あぁっ!」
友理奈が仰け反ったままビクビクっと痙攣しました。
「・・・はぁ・・・」
2人同時に大きな溜息をついて、友理奈がベッドに崩れ落ち、僕は友理奈の上に倒れました。
僕は友理奈のおっぱいの小さな膨らみにほっぺたを当てて、乱れた呼吸を整えようと深呼吸しました。
友理奈のおっぱいに当たっている右耳に、友理奈の心臓の音がものすごく速く聞こえてきます。
友理奈は僕の頭に両手をまわし、きつく抱きしめたままハアハア言ってます。
ちょっと汗をかいたおでこに、前髪が貼りついていて・・・色っぽいです。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。