えっちなお姉さんズ(123)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕の背中をおっぱいで洗い終えた雅ちゃんは、僕の右手を股に挟み、おまん毛とおまんこで擦りはじめました。
「あたしのおまんこ・・・気持ちいい?」
「うん。雅ちゃん身体は細いのに、おまんこ周りはお肉が厚いんだもん。柔らかくて気持ちいいよ。」
上目使いに僕を見る雅ちゃんにそう答えると、雅ちゃんはちょっと恥ずかしそうに笑い、僕の右足に移動しました。
僕の右太腿に跨った雅ちゃんは、おまんこで太腿を擦りながら、左手で僕の金玉をいじりはじめました。
「あっ!あうぅ・・・雅ちゃん触らないって・・・あっ!・・・」
「おちんちんは触ってないよ。タマタマもきれいにしなくっちゃ。ね。」
「あっ!・・・はぁっ!・・・」
雅ちゃんに金玉を優しく撫でられ、僕はがまん汁をダラダラ垂らしながら気持ちよさに耐えました。
雅ちゃんは僕の左でも同じ事をして、それから僕の両足を跨ぎ、身体を密着させました。
「このまま1回する?」
雅ちゃんが僕のちんちんを握って僕を見つめ、ちんちんをおまんこに当てながらそう聞きました。
「で、でもぉ・・・」
雅ちゃんに出したいのは山々なんだけど、すぐ出ちゃいそうで・・・
「がまんしてるの見てると、すっごく可哀想なんだもん・・・ねっ、1回出しちゃおう。」
雅ちゃんがおまんこに先っぽを擦りつけて僕を誘います。
「すぐ出ちゃうよ・・・いいの?・・・」
「そんなこと気にしなくていいのっ!何回出してもいいんだからぁ・・・入れちゃうよ・・・んっ!・・・あぁっ!」
「あっ、あぁっ!みっ雅ちゃぁんっ!」
僕の返事も聞かずに、雅ちゃんはちんちんをおまんこに入れちゃいました。
泡だらけのちんちんをおまんこが締めるのと同時に、雅ちゃんが僕を抱きしめました。
雅ちゃんは僕の顎を指で持ち上げ、僕と目が合うと、すごくえっちに微笑みました。
「いかせてあげるねっ!」

「あっ!んあぁっ!雅ちゃぁんっ!」
雅ちゃんが僕を抱きしめたまま、僕の上で動きはじめました。
僕を跨いで踏ん張る雅ちゃんは・・・締まりすぎますぅ・・・
「雅ちゃんっ!でっ、出ちゃうぅっ!」
「いいよっ!いっぱい出してっ!んっ!」
雅ちゃんの動きが激しくなりました・・・もうだめです・・・
「あっ!出るっ!あっ!・・・んあぁっ!・・・あっ・・・」
「あっ!・・・あんっ!・・・いっぱい出てるぅ・・・」
僕は雅ちゃんの胸に顔を埋めて抱きつき、ちんちんをビクビク震わせて白いのを出しました。
僕が白いのを出していると、雅ちゃんが僕の顔を両手で挟んで上を向かせました。
「佐紀ちゃんタオル取ってっ!」
雅ちゃんはそう言って佐紀ちゃんからタオルを受け取り、僕を正面から見つめました。
「もう、顔中泡だらけじゃない・・・あっ!・・・やっと止まったね、精液・・・」
雅ちゃんは、出し終わってもビクビクしているちんちんを入れたまま、僕の顔をタオルで優しく拭いてくれました。
「ごめんね・・・がまん出来なくって・・・」
「ううん・・・みやは早い子嫌いじゃないから気にしないで・・・それに・・・」
雅ちゃんはもう1度僕の顔を両手で挟み見つめました。
「ベッドでいかせてくれたお礼っ!いっぱい出させてあげるからねっ!・・・ん・・・」
「んっ!・・・あんんっ!・・・」
雅ちゃんが突然キスしてきたので、僕はちょっと慌てました。
でも、雅ちゃんに口の中を舐めてもらって・・・早くもちんちんがウズウズしはじめちゃいました・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。