えっちなお姉さんズ(127)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねえみや、入れてみて。」
「えっ?」
佐紀ちゃんの脚の間でちん太くんをしゃぶっていた雅ちゃんは、佐紀ちゃんにそう言われ驚いているみたいです。
「ねえ、早くぅ・・・」
「う、うん・・・」
雅ちゃんは戸惑いながらも佐紀ちゃんを跨ぎ、ちん太くんを握っておまんこに当てました。
「んっ!・・・んあっ!・・・あっ!・・・あっ!」
雅ちゃんが短く喘ぎながら、ゆっくりちん太くんを全部おまんこの中に入れてしまいました。
「あぁんっ!佐紀ちゃぁん・・・佐紀ちゃんとえっちしてるみたいで、なんかすごく変な感じぃ・・・」
「ほら、練習なんだから、じっとしてないで動いて。」
「うん・・・んっ!あっ!・・・」
雅ちゃんが佐紀ちゃんの上で動きはじめました。
やっぱり滑るのかな?ちょっと雅ちゃんは動き辛そうです。
「みや、動きにくい?」
僕が見ても分かるんだもん、佐紀ちゃんにはやっぱり分かってたみたいです。
「うん・・・上に乗っちゃうと、両足べったりって訳にはいかないし・・・」
股の間に佐紀ちゃんが居るせいで、雅ちゃんはまっすぐに脚を下ろせず、爪先だけが床に届いています。
見るからに動き辛そうです。
雅ちゃんは佐紀ちゃんに助けて欲しそうな目を向けました。
「みや、あたしの首に両腕をまわして抱きついて・・・それから膝を閉めてあたしの腰を締めて。あんまり強く締めたらだめよ。」
雅ちゃんは佐紀ちゃんに言われた通りに座り直しました。
「そう、それで、足の裏で踏ん張らないで、膝から上で動く感じで動いてみて。」
「うん・・・あっ、佐紀ちゃんっ!いいよっ!動けるよっ!」
嬉しそうに動く雅ちゃんに、佐紀ちゃんは満足そうに微笑みました。
「じゃあこのまましばらく動いて練習ねっ!」
「うんっ!・・・あっ!・・・あんっ!・・・」
雅ちゃんは笑顔で頷き、佐紀ちゃんの上で動き、おまんこにちん太くんを出し入れしています。
ちん太くんじゃなくて、僕のちんちんで練習して欲しかったなぁ・・・

「んっ!・・・んあぁっ!ねえっ!佐紀ちゃぁんっ!」
随分長い間練習しているせいか、雅ちゃんはちん太くんで感じはじめちゃってます。
背中が反り、動く度におまんこがクチュクチュ鳴ってます。
「なぁにみや?」
「ちん太くんいかないから・・・あっ!・・・あたしがいきそうなのぉ・・・んあっ!」
「いいよ、いっても。」
佐紀ちゃんがそう言うと、雅ちゃんは動くのを止め、佐紀ちゃんを見つめました。
「でも・・・まだ慣れてないから、これ以上速く動けないの・・・いきそうでいけないの・・・」
「しょうがないなぁ・・・みや、ちょっとどいてくれる。」
佐紀ちゃんは雅ちゃんに降りてもらい、椅子を端に退けて、マットを床に敷きました。
雅ちゃんの手を引いてマットに仰向けに寝かせ、脚を開かせて身体を重ねました。
「佐紀がいかせてあげるっ!」
「んっ!んあっ!さっ、佐紀ちゃぁんっ!あぁっ!」
佐紀ちゃんが一気にちん太くんを雅ちゃんに入れました。
僕は2人がどうなってるのか見たくて、お風呂から上がり、2人の脚の間に腹這いになりました。
雅ちゃんのおまんこの割れ目は、ちん太くんに広げられ、ローションとは違うヌルヌルが中から溢れています。
少し上に目線をずらすと、腰に巻いたベルトでちん太くんを雅ちゃんに入れている、佐紀ちゃんの割れ目が
雅ちゃんの脚を開かせるために佐紀ちゃんも脚を開いているので、ちょっとだけ中身が見えています。
佐紀ちゃんも興奮してるみたいで、ローションが塗られていないはずのおまんこが、見て分かる程ヌルヌルです!
「見てていいから、いたずらしちゃだめよ。」
「うん・・・」
佐紀ちゃんが僕に振り向いてそう言いました。
僕が頷くと、佐紀ちゃんは笑顔で頷き返し、顔を雅ちゃんの方に戻すと、本格的に動きはじめました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。