えっちなお姉さんズ(138)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ!んあっ!」
僕がちぃちゃんの捩れた身体を元に戻すと、おまんこを捻られたちぃちゃんがたまらず声を上げました。
緩んでいたおまんこもキュっと締まりました。
僕はちぃちゃんに抱きつき、大きく硬くなった乳首を舐めながら、ゆっくりちんちんの出し入れを再開しました。
「んあっ!お願いだから早く出してぇ・・・ちょっと休ませてくれないと、あっ!気持ちよすぎて辛いのぉ・・・」
ちぃちゃんが身体をクネクネさせながら、乳首を舐める僕の頭を撫でました。
「うん。じゃあ早く出るように、思いっきり動くよ。もうちょっとがまんしてね。」
「うん・・・イクのはがまんできないけど・・・んっ!んあっ!」
僕が動きはじめると、ちぃちゃんは僕の頭を抱きしめて仰け反りました。
反ったちぃちゃんは、腹筋まで硬くなってるのが、僕のお腹に伝わってきます。
そして・・・全身で力むちぃちゃんは、おまんこまで・・・あぁっ!きっ、気持ちいいっ!
「ちぃちゃん締まるよぉっ!・・・出ちゃうよぉっ!」
「んあぁっ!出してぇっ!千奈美もまた・・・いっちゃうぅっ!」
白いのが金玉から駆け登って来ます!もう乳首舐めてる場合じゃないんですっ!
僕は滅茶苦茶に腰をふり、限界寸前でちんちんをちぃちゃんの奥のコリコリに押し付けました。
「ちぃちゃんっ!・・・んあっ!出たよちぃちゃんっ!・・・あっ!あぁっ!・・・」
「あっ!出てるっ!んあっ!イクっ!あぁっ!イクぅっ!・・・んあぁっ!あっ!・・・」
ちぃちゃんの奥に白いのをビュルビュル塗り付けると、ちぃちゃんは嬉しそうに微笑んだ後いきました。
ちぃちゃんが無意識に動かすおまんこの壁が、出てる先っぽをヌルヌル擦って・・・あうぅっ!
あまりの気持ちよさに、最後の塊が勢いよく出ました。
「ちぃちゃん・・・」
僕が顔を上げて見つめると、ちぃちゃんは身体を右に倒して横向きにしました。
そのまま身体を屈め、見上げる僕に上からキスしてくれました。
「・・・ん・・・はぁ・・・続けていっちゃった。ありがと・・・」
「ううん・・・ねえ、ちぃちゃん・・・お風呂入れる?」
僕が聞くと、ちぃちゃんは僕を不思議そうに見つめました。
「ギプス濡らさなければ入れるけど・・・なんで?」
「だって、ちぃちゃん太腿の内側までヌルヌルなんだもん。」
「やぁんっ!・・・このおちんちんのせいなんだからぁ・・・」
赤くなったちぃちゃんは、僕を責めるようにおまんこをキュっと締め付けました。



今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。