えっちなお姉さんズ(213)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あっ!・・・はぁ・・・あ・・・」
まあさんが大きな溜息をついてマットに崩れると、おまんことお尻から締め付ける力が抜けました。
僕は両方の指を抜いて、まあさんの両足を広げ、ちんちんをお尻の穴に合わせました。
まあさんのお尻とおまんこは、僕の指が掻き出したヌルヌルでローションいらないみたいです。
「まあさん・・・まあさんっ!」
「んっ・・・あっ!な、なに?・・・」
まあさんまだいった気持ちよさでぼーっとしてるみたいです。
「お尻にちんちん入れるよ。いい?お尻きつく締めたらだめだよ。」
「も、もう入れちゃうのぉ?・・・力入んないから・・・大丈夫だと思うけど・・・」
「じゃあ、お尻締まる前に全部入れちゃうからね。まあさん口で大きく息しててね!」
「う、うん・・・はぁっ!あっ!んあっ!・・・」
僕がちんちんに力を入れると、身体が大きいせいか、まあさんのお尻にちんちんは割とすんなり入って行きました。
「まあさんっ!全部入ったよっ!もう締めても大丈夫だよっ!はうっ!・・・やっぱり締まるときついね・・・」
「はぁ・・・んんっ!あっ!お尻ぃ・・・すっごく変だよぉ・・・」
「痛くは無い?」
「・・・うん・・・不思議と・・・」
雅ちゃんが退いてくれたので、まあさんに抱き着きおっぱいのところから見上げると、まあさんは僕を見下ろして
赤い顔で恥ずかしそうに答えました。まあさん可愛いですっ!
「じゃあちんちん動かすよ。出来るだけきつく締めないでね。」
「うん・・・なんとかしてみるぅ・・・あっ!はぁっ!あっ!んっ!」
僕がちんちんを動かしはじめると、お尻を締められないまあさんは、代わりに僕を力いっぱい抱きしめました。
ちんちん動かしにくいけど、まあさんのためです。がまんしなくっちゃっ!
僕は動ける範囲で出来るだけ大きくちんちんを動かしました。
締めてなくても結構きついまあさんのお尻の穴の輪っかが、すこし遅れて僕のちんちんを追っかけるように着いて来ます。
抜く動きから入れる動きに変わる時、その逆の時、根っことくびれの下で一瞬止まるお尻の穴が気持ちいいんですっ!
まあさんが大きく口で息をする度に、お腹の中が狭くなるのか、お尻の中が先っぽをヌルヌルしてくれるのもたまりませんっ!
「まあさぁんっ!気持ちいいよぉっ!まあさんは気持ちよくなってる?」
「あっ!・・・んあっ!・・・うん・・・お尻なのが、あっ!信じらんないくらい・・・あっ!」

まあさんは眉間にちょっとしわが寄ってるけど、すっごく気持ちよさそうです。
まあさんの顔見てたら、僕が動くたびに揺れるおっぱいが目に入っちゃいました。
気付いちゃったからには舐めないわけにはいきません!
「あっ!おっぱいもするのぉっ?あっ!いやぁんっ!おねがいっ!やっ、やさしくねっ!あっ!」
僕はまあさんの左の乳首を舐めながら頷き、右のおっぱいもやさしく揉んであげました。
「はぁっ!あっ!初めてのお尻なのに、はっ!あっ!いっちゃいそ・・・んっ!」
「じゃあ速く動いていい?僕もまあさんといっしょに出したいんだけど・・・」
「んっ!いいよっ!あっ!いっしょにいってね・・・約束よ・・・」
「うんっ!」
「んあっ!あぁっ!いきなり動いちゃやぁっ!あっ!先にいっちゃうじゃなぁいっ!」
そんなことないよまあさんっ!僕だってすぐ出るからねっ!
僕はまあさんの乳首とその周りを舐めながら、ちんちんを高速で出し入れしました!
さっき雅ちゃんに出してから時間経ってるし、まあさんいじりながら興奮しちゃったんで、出そうなんだもん!
それに・・・まあさんのお尻の中気持ちよすぎなんだもんっ!
まあさんがいきそうになって結構きつくなってきたけど、お尻の穴に幅があるっていうか、なんていうか・・・
みんなみたいにお尻の穴がちんちんに食い込んで来ないんだもんっ!きついけど痛くなくて気持ちいいっ!
「んあぁっ!そんなに速くだめぇっ!イクっ!お尻でいっちゃうぅっ!んあぁっ!」
「まあさぁんっ!いってぇっ!僕も出ちゃうぅっ!」
「出してっ!イクから出してぇっ!あっ!イクっ!イクぅっ!・・・あっ!んあぁっ!・・・」
「出るっ!出るよぉっ!まあさぁんっ!・・・んあっ!・・・あっ!・・・」
いっぱい出てますぅ・・・ちんちんがビクビクする度に・・・あうっ!
まあさんのお腹の中が先っぽに擦れますぅ・・・気持ちいいですぅ・・・
「んあぁ・・・お腹があったかいよぉ・・・あっ!・・・まだ出てるぅ・・・」
「まあさぁん・・・もう1回するよ・・・入れたままちんちん復活させるから待っててね・・・」
「うん・・・」
まあさんが目を閉じたまま頷きました。僕は顔を横に向けて雅ちゃんを見ました。
雅ちゃんは腰にちん太くんV3を巻きながら笑顔で頷き、僕の後ろに回って僕の足を広げました。
あうっ!あっ!・・・雅ちゃんが僕のお尻の穴から金玉までを優しく舐めてくれるんですぅっ!
まあさんのお尻の中でちんちんがビクンビクンしちゃいますぅっ!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。