えっちなお姉さんズ(235)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それからの1週間は大変でした・・・
レギュラーの佐紀ちゃん、雅ちゃん、ちぃちゃんに加えて、まあさんとりーちゃんまで毎日来るんだもん・・・
人数が多いせいで1人当たりの回数が減っちゃうもんだから、みんな元気なんです。なかなか満足してくれないんです。
僕、毎日ふらふらになりながら帰ってたんです・・・
それでも日曜日は友理奈が休ませてくれないし・・・
今週もそんな感じなのかなぁ・・・
僕がそんなことを考えながら俯き加減に歩いていると、裏門で佐紀ちゃんと雅ちゃんが待っててくれました。
「あれっ?ちぃちゃんとまあさんは?・・・」
2人しか居ない事を不思議に思い聞く僕を、佐紀ちゃんが右、雅ちゃんが左の手を引いて歩きはじめました。
「ちぃは骨がくっついたから、今日からリハビリで病院っ!」
佐紀ちゃんが僕の右腕に抱きつきながら教えてくれました。
「まあさんはね、お尻がヒリヒリするんだって。」
雅ちゃんも僕の左腕に抱きつきながら教えてくれました。
「まあさんアナルにはまってたもんねぇ。そりゃぁ、痛くもなるわね。あんだけやればっ!」
「だからみやがゴムでしたら?って言ってあげたのにねっ!」
2人ともまあさんを心配してるっていうより、なんか嬉しそうです。
きっと人数が減って回数が増えるから嬉しいんです・・・可哀想なまあさん・・・
「さっ!時間なくなるから急ごうっ!」
佐紀ちゃんが僕の腕を引っ張りました。
「う、うん。」
僕と雅ちゃんは佐紀ちゃんに頷き、3人で部室に向かって走りました。

「今日は2人なんだし、みやと佐紀で5回ずつくらいしてもらおうねっ!」
「やだぁっ!佐紀ちゃんのえっちぃっ!」
部室の玄関に入るなり、2人してそんなこと言うんですぅ・・・
はぁ・・・ちんちん磨り減っちゃうよ・・・
寝室へ向かう2人と分かれ、荷物を置きに居間に入ろうとドアを開けた時でした。
「遅いっ!」
「あっ、桃ちゃん・・・」
「あっ、桃ちゃんじゃなぁいっ!遅いっ!遅いぃっ!どんだけ待たせんのよっ!」
居間のど真ん中で仁王立ちの桃ちゃんは、待ちきれなかったのか、既に全裸です・・・
それに2週間ぶりの期待からか、止まらないおつゆが内腿を伝っていて濡れ光ってます!
「桃ちゃぁんっ!久しぶりだねっ!桃ちゃぁんっ!あうっ!」
駆け寄って抱きつこうとした僕を桃ちゃんが突き放しました。
「なにすんだよぉ、桃ちゃぁんっ!」
「今日はいつもの優しい桃じゃないわよっ!さっ!いらっしゃいっ!」
「あっ!あぁっ!桃ちゃんっ!ゆっくりお話しようよぉっ!ねえってばぁっ!」
僕は桃ちゃんに引っ張られ寝室に連れて行かれました。
「あっ!桃ぉっ!もういいの?」
寝室に入ると、服を脱いでいる途中の2人が、桃ちゃんを見て声を掛けました。
でも桃ちゃんはそれには答えず、厳しい顔で2人を見つめました。
「脱いでる途中で悪いけど、桃からさせてもらいますからねっ!」
「えっ・・・う、うんいいけど・・・」
いつもと違う桃ちゃんの雰囲気に気圧されて、いつも強気な佐紀ちゃんが素直に頷きました。
「ねっ、ねぇ桃ちゃんどうしたの?いつもみたいに楽しくしようよぉっ!」
「もうっ!ごちゃごちゃうるさいわねぇっ!さっさと脱ぎなさいっ!」
「あっ!桃ちゃんっ!自分で脱ぐよぉっ!あっ!いやっ!あぁっ!」
僕、抵抗したんだけど、結局桃ちゃんに全部脱がされて、ベッドに押し上げられちゃいました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。