えっちなお姉さんズ(268)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は舞の上から体を起こし、舞の股間に座ってちんちんを舞の割れ目に擦りつけました。
あうぅっ!スベスベの舞の肌はこれだけで気持ちいいですぅっ!
僕は出してしまいたいのを必死でがまんして、右手でちんちんを持ち、左手で舞の割れ目を広げました。
今度こそっ!そう自分に言い聞かせたんですが、はうぅっ!だめですぅっ!
舞のツルツルでヌルヌルの中身にちんちんを擦りつけると、それが気持ちよくってやめられないんですぅっ!
「おっ、お兄ちゃん?・・・」
いつまでもおまんこにちんちんを擦りつけてハアハア言ってる僕を、舞が不思議そうに見ています。
「はっ!・・・ごめんね舞ぃ、舞の割れ目の中が気持ちよすぎて、兄ちゃん白いの出そうになっちゃった。」
僕は舞に照れて言い訳しながら、改めてちんちんを入り口に当てました。
「舞、兄ちゃんのちんちんが入り口に当たってるの分かる?」
「うん、分かるよ。おちんちんてあったかいねっ!」
可愛く笑う舞に僕は体を重ねました。ちんちんが外れないように、慎重に、ゆっくり。
「そのあったかいちんちんで、舞のおまんこ広げちゃうよ。覚悟はいい?」
「うん、舞に力が入んないうちに、おねがい、お兄ちゃんっ!」
舞が健気に笑うんですぅっ!兄ちゃんはもうがまんできないよっ!舞ぃっ!
「じゃあいくよっ!」
僕はそれだけ言うと、舞に入るためにお尻の穴に力を入れてちんちんを硬くし、腰を突き出しました!
「んっ!・・・あぁっ!痛ぁいっ!あっ!」
舞の声にびびった僕はちんちんを止めました。
でも僕のちんちんの先っぽには、丸い輪っかに締められてる感触が・・・
僕は体を起こして、恐る恐る股間に視線を落としました。
「!!」
声になりませんでした。
舞の幼い割れ目が、僕のちんちんを咥えて丸く広がってるんです。
僕のちんちんは先っぽのくびれまでが舞のおまんこに消えてしまっています!
「お兄ちゃん・・・やだっ!・・・ちゃんと舞を抱きしめてっ!」
舞が体を離した僕に両手を差し出して泣き顔で言うんですっ!
こんな健気で可愛い妹に僕って奴ぁっ!
入れてしまった後悔に一瞬苛まれ、それ以上の気持ちよさに負けて、僕は舞の願い通り舞を抱きしめました。
やっぱり僕は最低の兄ですぅ・・・

「ごめんね舞、舞のおまんこ、すっごく痛そうだった・・・」
僕が舞を抱きしめて言うと、舞は痛いはずなのに笑顔を作ってくれました。
「すっごく痛いよっ!でもお兄ちゃんのおちんちんだもんっ!舞はがまんできるよっ!」
「まっ、舞ぃ・・・」
あまりのいじらしさに僕の方が泣けてきますぅ・・・
「あんっ!お兄ちゃんが泣かないでよぉっ!もう・・・」
「ごめんね、可愛い妹にちんちん入れちゃうひどい兄ちゃんでごめんね舞ぃっ!」
泣きながら謝る僕に舞が優しく微笑んで首を振りました。
「舞がしてってお願いしたんだもん。お兄ちゃんは悪くないよ。」
うぅっ・・・またそうやって僕を泣かせるぅ・・・でもここはがまんですっ!
僕は泣きたい気持ちをぐっと押さえて舞を見つめました。
「舞っ!兄ちゃん舞にちんちん入れちゃった責任取るからねっ!絶対気持ちよくさせてあげるからねっ!」
「うんっ!おねがいねっ!舞もお兄ちゃんといっしょに気持ちよくなりたいのっ!」
「うんっ!じゃあこのままこれ以上入れずに、先っぽだけ出し入れしちゃうよっ!」
「あんっ!だめぇっ!」
僕が動こうとすると、舞が僕を抱きしめて止めました。
「舞?・・・」
「ちゃんと全部入れてっ!中途半端なのはいやっ!」
「でも、痛いんでしょう?入れたらもっと痛くなっちゃうよ。」
心配する僕に、舞は笑って首を振りました。
「女の子の身体はおちんちん入るように出来てるんだもん。心配しないで全部入れて。ねっ、お兄ちゃん。」
そこまで言われたら僕だって覚悟決めちゃいますっ!
「痛くても知らないぞっ!」
「もうっ!さっきからがまんするって言ってるでしょうっ!」
舞が笑ってほっぺたを膨らませました。じゃあもう兄ちゃんだって遠慮しないぞっ!
僕は舞にちんちんを全部入れるために、止めた腰を思いっきり突き出しました。
「あっ!痛ぁっ!痛ぁいっ!」
ずっ、ずるっ、っという感触と共に僕のちんちんが2/3ほど舞に入り、先っぽが行き止まりに当たりました!
舞はやっぱりすごく痛いみたいで、僕の腕を掴んで仰け反りながら叫ぶと、目から涙をポロポロ溢しました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。