えっちなお姉さんズ(276)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ!んあっ!・・・はぁ、1分経っちゃった。んっ!んんっ!あっ!・・・桃っ!交代だよっ!」
僕が桃ちゃんのクリちゃんを舐めまわしている間に、1分経ったみたいです。よかったぁ、がまんできた・・・
「梨沙子、次は梨沙子なんだから、お兄ちゃんにおまんこ舐めてもらいなさい。乳首は佐紀が代わるから。」
「うんっ!桃ぉ、時計ひっくり反すよぉ。」
佐紀ちゃんが僕の乳首に吸い付くと、りーちゃんが僕の顔を跨ぎ、時計に手を伸ばしました。
「まっ、待ってよりーちゃんっ!・・・んっ!んあっ!あっ!・・・りーちゃんOKだよっ!」
りーちゃんに急かされた桃ちゃんは慌てて僕のちんちんを跨いでおまんこに入れ、りーちゃんに合図しました。
りーちゃんは砂時計をひっくり反すと、僕の顔を後ろ向きに跨ぎ直し、両手でお尻の割れ目を広げました。
「今日はりー洗わなくてもきれいだから、こっち舐めて・・・」
りーちゃんは恥ずかしそうに真っ赤になってそう言うと、僕の顔に向かってお尻を近づけて来たんです!
僕は遠くで聞こえる桃ちゃんの「んあっ!んあっ!」という喘ぎ声と、ちんちんに伝わる柔らかくてあったかい感覚を忘れるために
首を持ち上げてりーちゃんのピンクのしわしわの穴に吸い付きました!
「んあぁっ!おにーちゃんのばかぁっ!吸っちゃだめぇっ!舐めるだけぇっ!あっ!んあぁっ!」
りーちゃぁんっ!お兄ちゃんにお尻を見せて舐めるだけで済むはずないじゃんっ!
僕だって出すのがまんするのに必死なんだからぁっ!
僕はりーちゃんのお尻の穴全体を吸いながら、舌先を尖らせて穴の中心に這わせました!
「はぁっ!あっ!いやぁんっ!中はいやぁんっ!まわり舐めてよぉっ!あっ!いやぁっ!」
りーちゃんはなんていい子なんでしょう!いやいや言いながらも、絶対お尻は振らないんです!
お尻の穴を一生懸命に窄めて、僕の舌が入ってこないように抵抗するだけなんです!
でもねりーちゃん、ローションでも唾でもなんでもいいけど、ヌルヌルになった穴をどんなに窄めても・・・ほぉらっ!
「あっ!んあぁんっ!」
りーちゃんの一際高い声と同時に、僕の舌先がりーちゃんの身体の中に入っていきました!
こうなったら僕はちんちんの気持ちよさどころじゃないんです!
穴をえぐるのが楽しくなっちゃうんです!いくよぉっ!りーちゃんっ!
「んあぁっ!そっ、それだめぇっ!んあっ!あぁっ!」
僕が舌を出し入れさせ、抜く時に舌先を曲げてお尻の穴に引っ掛けるようにすると、りーちゃんが内腿をピクピクさせながら仰け反りました!
りーちゃんの身体は仰け反って力んでるけど、お尻の穴は徐々に柔らかくなってきてるんです!
もうちょっと深く入れちゃおうかなぁっ!なんて考えてる時でした。
「んっ!あっ!イクっ!いっ・・・イクっ!んあぁっ!・・・」
桃ちゃんがいっちゃったみたいです。

「なんとか1分もったよぉ・・・んあっ!・・・はぁ・・・」
桃ちゃんがちんちんを抜いて僕の上から降りました。
「桃ぉ、あんた早すぎだよぉ。」
「そんなこと言ったってぇ・・・」
佐紀ちゃんが呆れて言うと、桃ちゃんは恥ずかしそうに友理奈と代わり、僕の左側に添い寝しました。
「でも時間制限があるときは、男でも女でも早い子の方が得だよね。その分いっぱいいけるもん。」
「熊井ちゃんまでそんなこと言うのぉ・・・」
友理奈が桃ちゃんの髪を撫でながら言うと、桃ちゃんはハアハア荒い息のまま僕の乳首を舐め始めました。
「りーちゃん、りーちゃん大丈夫?」
僕のおなかに手をついてハアハア言ってるりーちゃんを、友理奈が覗き込みました。
「だいじょうぶじゃないよぉ・・・おにーちゃんが・・・だめって言ってるのに中舐めるんだもん・・・」
「ごめんねりーちゃん、あたしが代わりに謝るから。だからほらっ、おちんちん入れてあげて。」
「うん・・・」
友理奈に言われたりーちゃんは、ゆっくり身体を起こして立ち上がると、僕の腰を跨いでしゃがみました。
「桃のおつゆでヌルヌルぅ・・・んっ!んあっ!・・・はぁ・・・」
「もおっ!そんなこと言わなくていいのっ!」
りーちゃんがちんちんを握って入れていると、桃ちゃんが真っ赤な顔を上げてりーちゃんを叱りました。
りーちゃんはそれに可愛く舌を出して応えると、
「ゆりぃ、りーは準備OKだよぉ。」
と、友理奈に一声掛けて動き始めました。
友理奈はそれに頷いて応え、砂時計をひっくり反しました。
友理奈はどこを舐めさせてくれるのかなぁ?僕は友理奈が僕の顔を跨ぐのを待っていました。
でも友理奈は、桃ちゃんの後に添い寝したまま、僕を上から見つめてニコニコしてるだけなんです。
「ゆっ、友理奈?・・・」
「あたしはね・・・キスしてあげちゃうっ!んっ!」
「んっ! んんーっ!」
抵抗出来ませんでした。
友理奈に両手で顔を挟まれて、思いっきり舌を吸われちゃったんです!
自分から何かして気を紛らわせたいのにっ!何かを舐めてがまんしたいのにっ!
ちんちんをりーちゃんのおまんこがっ!舌を友理奈の舌がヌルヌルといやらしくこするんですぅっ!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。