えっちなお姉さんズ(298)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は自分の太腿に爪を立てて、その痛みで気持ちよさをがまんしながら桃ちゃんの中で待ちました。
それはもう、蚊に刺されたところを爪で十字架にする時並に力を入れてですよ!
「んあっ!・・・あっ!・・・あぁ・・・はぁ・・・」
桃ちゃんがやっとおまんこから力を抜いてくれました。
僕もこれでやっと気持ちいいのと痛いのから解放されます。
僕は桃ちゃんのきつく曲がった腰を伸ばしてあげ、桃ちゃんの背中に身体を預けました。
「桃ちゃん大丈夫?」
「・・・だいじょうぶじゃ・・・ないよぉ・・・桃が弱いの・・・知ってるくせにぃ・・・」
桃ちゃんは顔を横に向けて、涙が溢れる目だけを僕に向けてそう言いました。
「ごめんね。次は僕も出すからね。今度はいっしょにいこうねっ!」
「えっ?ちょっ、ちょっと待ってよぉっ!休ませてよぉっ!あっ!いやぁんっ!」
僕が体を起こして桃ちゃんの身体を左に捻ると、桃ちゃんが嫌がって身体をクネクネさせました。
でも、連続でいって身体に力が入らない桃ちゃんは、結局僕にされるがままなんです!
僕は桃ちゃんの左太腿を抱え上げて、桃ちゃんの身体を横に向かせました。
もう1度あの気持ちいい横壁でちんちんを擦ってもらうんですっ!
最後は気持ちよーっく、桃ちゃんの中に出すんですっ!
「さあ桃ちゃん準備できたよっ!いくよぉっ!」
「待ってっ!まだ息が苦しいのっ!あっ!あっ!んあぁっ!いやぁっ!」
僕が桃ちゃんの右腿の上に金玉を擦りつけながら動き出すと、せっかく伸ばした桃ちゃんの腰と背中がまた反り返りました。
それに併せておまんこの中もキューっと狭くなったんです!
ちんちんを周りから締め付けるだけじゃなく、奥行きも浅くなるんですっ!
きっ、来ましたぁっ!横壁のヒダヒダがちんちんにくっきりとぉっ!
先っぽのくびれにヒダヒダが絡まって、きっ、気持ちいいぃっ!

「もっ、桃ちゃぁんっ!こっからはノンストップだからねぇっ!」
「んあぁっ!ほんとにもうだめなんだってばぁっ!んあぁっ!おねがぁいっ!」
桃ちゃんが本当に切羽詰ったみたいで、全然会話が噛み合わなくなってきました。
でも僕だってもう限界なんですぅっ!
さっきからずぅっと出したいのをがまんしてきたんですっ!
もうちんちんのスピードを抑えらんないんですぅっ!
「桃ちゃぁんっ!いいっ?出すよっ!ねえ、出していいっ?」
「んあぁっ!イクぅっ!いっちゃうぅっ!もうだめぇっ!んあぁっ!」
「桃ちゃん出しちゃうよっ!いいのぉっ?」
「んあぁっ!おねがぁいっ!もうだめなのぉっ!あっ!いやぁっ!はっ、早くぅっ!」
噛み合ってないと思ってたけど、噛み合ってたみたいですぅ・・・えへっ!
あっ!あぁっ!そんな場合じゃなかったよぉっ!ぼっ、僕ももうだめぇっ!
桃ちゃんのヒダヒダが変な震え方するんですぅっ!気持ちよすぎますぅっ!
白いのがっ!白いのがちんちんの中をぉっ!
「もっ、桃ちゃぁんっ!僕もイクっ!でるぅっ!あっ!んあぁっ!・・・あっ!・・・」
「イクっ!イクっ!あっ!いやぁっ、イクぅっ!・・・んあっ!んあぁっ!あっ!あっ!・・・」
桃ちゃんの中に白いのがズビュズビュ出ちゃってますぅ・・・んあぁっ!気持ちいいですぅっ!
桃ちゃんのヒダヒダと奥のコリコリが、跳ね回るちんちんを撫で回すんですぅっ!
「あぅっ・・・んっ!・・・んんっ!・・・あっ!んあぁっ!・・・」
僕が歯を食いしばって出していると、桃ちゃんが一際大きく喘いで身体をビクビクっと震わせました。
そして次の瞬間、桃ちゃんの全身からふっと力が抜けていきました。
桃ちゃんが気絶しちゃったんです。ごめんね桃ちゃん。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。