えっちなお姉さんズ(023)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐紀ちゃんはヌルヌルしはじめたおまんこを僕から引き剥がし起き上がりました。
僕も、僕の上に寝そべる桃ちゃんを乗せたまま起き上がり、桃ちゃんを仰向けに寝かせました。
桃ちゃんのおまんこから僕の白いのが出てくるのを見るのは初めてです。
すっごく楽しみです。
「あっ!・・・はぁっ、いやっ、抜いたら出ちゃう・・・だめぇ・・・」
桃ちゃんが恥ずかしがって両手で顔を隠します。何でおまんこ隠さないんでしょう?
僕は桃ちゃんの両膝を押さえて大きく開き、ちんちんを抜きました。
閉じてしまえない桃ちゃんのおまんこから、僕の出した白いのが溢れて桃ちゃんのお尻に流れて行きます。
「あぁん見ないでぇ・・・あっ!あぁっ!だめぇっ!」
桃ちゃんから流れ出る白いのに興奮した僕は、また桃ちゃんに入れて中を掻き混ぜてしまいました。
「桃ちゃん、いっぱい出しちゃったから・・・掻き出してあげる。」
「あぁっそ、そんなこと・・・しなくていいよぉっ!あぁっ!いやぁっ!」
入れてしまうともう止まりません!もう1回出すつもりで動く僕を佐紀ちゃんが止めました。
「次は佐紀の番っ!ちゃんと1回ずつしてよぉ・・・」
佐紀ちゃんが僕の根元を後ろから掴んで引っ張るので、僕のちんちんは桃ちゃんから抜けてしまいました。
僕が掻き回したせいで、抜けた桃ちゃんのおまんこからは、桃ちゃんのえっちな汁と混ざった白いのが出てきました。
「あっ・・・ぁぁ・・・んんっ・・・」
桃ちゃんが口で息をしながらピクピクしています。
「桃・・・気持ちよさそう・・・」
佐紀ちゃんが顔を赤くして桃ちゃんを見てそう言いました。
「ねぇ・・・佐紀にも・・・」
佐紀ちゃんが僕の手を引っ張りながら仰向けになり、足を開いて僕を引き寄せました。

「佐紀ちゃん、おまんこ・・・舐める?」
「ううん・・・もう入れて。いっぱい濡れてるの・・・がまんできないの・・・」
佐紀ちゃんが涙をいっぱいに溜めて僕を見つめます。
可愛いんです。すごく。
僕も入れたくてたまらなくなりました。
佐紀ちゃんのおまんこにちんちんを押し当てて、一気に根元まで入れました。
「んんっ!・・・あっ・・・優しく入れてよぉ・・・」
「ごめんね佐紀ちゃん・・・がまんできなくて・・・」
「もう・・・1回抜いて・・・やり直しっ!」
佐紀ちゃんが笑って僕のおでこを突付きました。
僕は頷いて1回抜き、もう1度ゆっくり佐紀ちゃんに入れなおしました。
「はぁっあっ・・・あ・・・あっんっ・・・んっ・・・」
佐紀ちゃんが可愛く身体を反らせました。細い身体が折れそうです。
「今度はどぉだった?」
「よかったよ・・・よく出来たご褒美に・・・好きに動いて、出していいよ・・・」
佐紀ちゃんが涙を溜めた目で、上目使いに僕を見つめます。
僕は先に謝っておくことにしました。
「すぐ出ちゃったらごめんね。」
「それはだめっ・・・佐紀もいかせてくれなきゃいやっ・・・」
今日の佐紀ちゃんは何だかとっても甘えんぼです。可愛過ぎて・・・すぐに出ちゃいそうです。
「多分無理だと思うけど、僕がんばるよ佐紀ちゃんっ!」
「あっ!いかせてねっ!がんばってねっ!あっはぁっ!」
僕が動きはじめると、佐紀ちゃんが僕を抱きしめました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。