えっちなお姉さんズ(030)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は大きく開いた佐紀ちゃんのおまんこに右手を当て、クリトリスを捕らえました。
左手は佐紀ちゃんのお尻の穴に当てました。
ちんちんの出し入れを再開し、それに合わせてお尻とクリトリスの指も動かします。
「あっ!やっ!だめぇっ!そんなの反則ぅっ!」
佐紀ちゃんが僕の両手を掴んで引き剥がそうとします。
でも、僕が指とちんちんを激しく動かすと、ただ掴んでいるのが精一杯って感じです。
「あぁっ!も、もう・・・イクぅぅ・・・」
佐紀ちゃんの開いた右腿が震えています。頭も反ってしまっています。
ちんちんは出来るだけゆっくり動かして、指だけ動きを速めました。
だって・・・そうしないと出ちゃうんだもん・・・
「いやぁっ!いっちゃうぅっ!あっ!いやっ!あぁんっ!」
佐紀ちゃんが泣きはじめました。もうちょっとです。
僕はちょっとだけちんちんを速くして、お尻の指をもう少し入れてみました。
「あっ!イクっ!あぁっ!い、イクぅぅ・・・んっ!・・・あぁっ!・・・」
佐紀ちゃんの身体が大きく反って、足がピクピクしました。
おまんこの中も震えています。
お尻の穴も僕の指を咥えたままモゴモゴしてます。
「あっあっ・・・んっ・・・んんっ・・・」
反っていた佐紀ちゃんの身体が可愛く丸まっていきます。
「佐紀ちゃん・・・いっちゃったの?」
「・・・うん・・・」
佐紀ちゃんが恥ずかしそうに頷きました。
僕は佐紀ちゃんからちんちんを抜いて、佐紀ちゃんに添い寝してキスしました。
「いかされちゃったよぉ・・・こんなはずじゃなかったのにぃ・・・」
「僕・・・ちょっと嬉しい・・・」
佐紀ちゃんは笑いながらほっぺを膨らませ、それから優しくキスしてくれました。

「あっ!・・・いやぁん・・・」
佐紀ちゃんからちんちんを抜くと、中に溜まった佐紀ちゃんのえっちな液がトロっと出てきました。
僕の白いのが出るのを見せるのは平気なのに、自分のは恥ずかしいみたいです。
顔を真っ赤にした佐紀ちゃんはあんまり見れないし、すっごく可愛かったのでトロトロのおまんこを舐めてあげました。
「あっ!・・・あっ!・・・またしたくなっちゃうからぁ・・・ねえ、まあさんにしてあげて・・・」
佐紀ちゃんは寂しそうに起き上がり、マットから降りました。
代わりにまあさんがマットに上がり、仰向けに寝て足を開きました。
「あ、あのね・・・すぐ・・・入れられるよ・・・」
まあさんが恥ずかしそうにそう言いました。
僕は一応まあさんのおまんこを開いて確認しました。
血混じりのえっちな液がまあさんのおまんこの穴から溢れています・・・
「見ながら自分でしてたの?」
「えっ・・・う、うん・・・」
まあさんは、僕と佐紀ちゃんのえっちを見ながら自分でいじってたのがバレて恥ずかしそうです。
こんなに濡れてるなら・・・僕はちんちんをまあさんの入り口に合わせ、ゆっくり入れました。
「はあっ!・・・あっ・・・指よりいいよぉ・・・んんっ!」
まあさんの背中が反り上がりました。
血混じりでちょっとベタつくヌルヌルなおまんこが・・・すごく気持ちいいんですぅ・・・
ちんちんだけじゃ先に出ちゃいます。
まあさんには悪いけど・・・今回も反則技使います!
まあさんに気付かれないように、先ずはちんちんだけを動かして様子を見ることにしました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。