えっちなお姉さんズ(032)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「出し損ねちゃったね・・・ほんとにしょうがないんだから、桃は。」
佐紀ちゃんがまだピクピクしている桃ちゃんをマットから降ろしました。
桃ちゃんをお風呂のタイルに寝かせると、佐紀ちゃんとまあさんがマットに上がって来ました。
「佐紀もして欲しいんだけどぉ・・・でも、今日はまあさんに出してあげてね・・・」
佐紀ちゃんが寂しそうにマットから降りようとします。
僕は咄嗟に佐紀ちゃんの腕を掴んで止めました。だって・・・可哀想だったんだもん・・・
僕はまあさんのおまんこにちんちんを入れ、佐紀ちゃんにまあさんのおっぱいを跨いで四つん這いになってもらいました。
「佐紀ちゃん・・・おまんこ舐めてあげるから・・・それで許してね・・・」
「・・・うん・・・」
佐紀ちゃんがちょっと泣きながら、でも笑って頷きました。
僕はまあさんに体を預け、目の前にある佐紀ちゃんのおまんこを舐めながら、まあさんをちんちんで突きました。
「あっ!ね、ねえっ!せっかくだから・・・ゆっくりしましょう・・・」
「でもまあさん、僕がもう・・・あんまりもたないよ・・・」
僕がそう言うと、まあさんは佐紀ちゃんの身体の下から顔を出しました。
「できいるだけでいいわよ。ねっ。」
僕は頷いてちんちんの動きを遅くしました。
「あっ!それぐらいでも・・・すごく気持ちいいの・・・はぁっあんっ!」
僕はゆっくり動く替わりに、動き方だけは色々変えました。
色んな動き方をしていると、佐紀ちゃんのすごさが分かりました。
動き方を変えると・・・出そうな感覚を誤魔化せるんです。気持ちいいのに出てしまわないんです!
佐紀ちゃんありがとう!僕、女の子のためにがんばれる男になれそうだよっ!
僕は目の前の佐紀ちゃんのおまんこを、感謝の気持ちで舐めました。

「あっ!・・・中、中も舐めてぇ・・・んあっ!・・・はぁ、いいよぉ・・・」
僕は佐紀ちゃんのおまんこの穴に舌を入れて、僕を鍛えてくれたおまんこの壁を舐めました。
細かいヒダヒダがヌルヌルする佐紀ちゃんのおまんこの中は、舐めてても気持ちいいんです。
中をレロレロして、舌を出し入れして・・・佐紀ちゃんのえっちな汁がいっぱい出てきます。
おまんこを舐めていると、目の前でヒクヒクするお尻の穴が気になっちゃいます。
僕はおまんこから舌を抜いて、佐紀ちゃんの可愛いお尻の穴に舌を乗せました。
「あっ!お尻はっ!あっあぁっ!だめぇっ!・・・いやっ!中舐めないでぇっ!あっ、んんっ!」
佐紀ちゃんお尻はすごく弱いみたいなんです。
僕は佐紀ちゃんが感じてくれて嬉しくて、お尻の穴をいっぱい舐めてあげることにしました。
おまんこの穴に右の中指を入れて、クリトリスを左手の指で転がして。
お尻の穴は中を舐めたり、しわを1本ずつ舐めたり、たまに吸ってみたり。
「あぁぁん、だめだってばぁ・・・お尻はだめなのぉ・・・あっ!いやぁん・・・」
まあさんが苦しくないようにと、上半身を支える佐紀ちゃんの腕がプルプルしてます。
お尻りの穴もヒクヒクして、それに合わせておまんこが僕の指をモグモグします。
「佐紀ちゃん・・・身体倒していいよ・・・」
まあさんが首を曲げて佐紀ちゃんの下から出し、佐紀ちゃんの背中を引き寄せて胸をマットに着かせました。
「まあさん・・・あっ!・・・ありがと・・・んっ!あぁんっ!」
中を舐めると佐紀ちゃんの頭が反ります。
「佐紀ちゃんがこんなになるなんて・・・ねえ、今度・・・まあにもお尻・・・してね・・・」
まあさんが赤くなりながら僕に言いました。
僕は佐紀ちゃんのお尻を舐めながら、まあさんに目だけ合わせて頷き、疎かになっていたちんちんの動きを速めました。
「あぁっ!そんなに速く動いたらっ・・・あたしももうっ・・・あぁっ!」
まあさんのおまんこがキュっと僕のちんちんを握り締めました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。