えっちなお姉さんズ(052)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ!・・・あっ!・・・」
りーちゃんが身体をピクピクさせながら、2本目の指をおまんこに呑み込みました。
「りーちゃん、動かすよ。」
「あぁ・・・いいよ・・・動かしてぇ・・・んあぁっ!」
僕が指の出し入れをはじめると、りーちゃんは仰け反って僕の指を締め付けました。
僕は指の出し入れを続けながらりーちゃんのクリを見つめ、左手で皮を剥きました。
「あっ!んあっ!な、なにぃ?」
リーちゃんが出し入れする僕の指で感じながらも、不安そうに僕を見ました。
「剥いて直接舐めてあげる。」
僕はりーちゃんにそう答え、剥き上げた小さなクリの実を、唾をたっぷり乗せた舌で舐めました。
「あっ!いやっ!気持ちいいよぉっ!んあぁっ!」
りーちゃんのおまんこが僕の指を締める力が強くなりました。
内腿もピクピクしはじめています。
りーちゃんは、僕達がここに来るまでずっと自分でしていたんだし、もうイクのかも?
僕は指の出し入れを速くして、クリも更に強めに舐めました。
「ふあっ!あぁっ!イクっ!はぁっ!・・・あっあぁっ!・・・」
リーちゃんの背中が反り上がり、脚が痙攣しています。
僕は指を根元まで入れて、中を掻き回しました。
「んあっ!あっ!・・・んっ・・・はぁ・・・」
リーちゃんの身体から力が抜けて、背中がベッドに落ちました。
僕はりーちゃんに指を入れたまま、りーちゃんに添い寝しました。
「りーちゃん、いった?気持ちよかった?」
僕が聞くと、リーちゃんが焦点の合わない目で僕を見つめて頷きました。
「いっちゃった・・・」
赤い顔で呟いたりーちゃんは、たまらなく可愛かったです。

僕はりーちゃんから指を抜き、りーちゃんに体を重ねました。
「りーちゃん、入れていい?」
「うん。」
りーちゃんが頷いたので、僕は体を起こしりーちゃんの脚を開いて、ちんちんを入り口に合わせました。
「はあっ!・・・んあ・・・あっ!」
僕がりーちゃんの中にちんちんを押し込むと、りーちゃんは仰け反ってシーツを掴みました。
いったばかりのりーちゃんの中は、ヌルヌルの壁が微妙な動きを繰り返して僕を擦ります。
6年生で既に160cmを超えているりーちゃんの中は、佐紀ちゃん達と違ってとても柔らかです。
「りーちゃん、おまんこ締めてみて。」
「うん。・・・んっ!」
「あっ!」
僕がお願いするとりーちゃんは息んで、おまんこを締めてくれました。
入り口がキュっと締まって・・・思わず声が出ちゃいました・・・
「もういい?」
「えーっ!りーちゃん・・・そんなぁ・・・」
僕がりーちゃんの締まるおまんこの心地よさに浸っているのに、りーちゃんはおまんこの力を抜いてしまったんです。
「りーちゃんにそんなこと期待しちゃだめよ。」
ベッド脇で服を脱ぎながら、桃ちゃんがそう言いました。
桃ちゃんは全裸になるとベッドに上がり、りーちゃんに添い寝しました。
「りーちゃんは自分からはしてくれないわよ。おまんこ締めて欲しかったら、気持ちよくしてあげなきゃっ!ねっ。」
「うんっ!」
桃ちゃんに見つめられ、りーちゃんが笑顔で頷きました。
「梨沙子は他力本願なまぐろさんなの。がんばってね。」
佐紀ちゃんも全裸になってベッドに上がり、僕に小声で耳打ちしました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。