えっちなお姉さんズ(057)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そんな事が起こっているとは知らず、僕は佐紀ちゃんにお風呂でちんちんを舐めてもらってました。
潜望鏡っていう技らしいです。
浴槽の中で佐紀ちゃんに腰を持ち上げられて、お湯から出た僕のちんちんを佐紀ちゃんが舐めてくれています。
お湯の温かさにだらしなく伸びた僕の金玉袋まで、佐紀ちゃんは口に含んで舐めてくれます。
「さ、佐紀ちゃん・・・あんまりされると僕・・・出ちゃうよ・・・」
佐紀ちゃんはちんちんを舐めるのが一番上手なので、僕はすぐに出ちゃいそうになっちゃいます。
「んっ・・・いいよ、出しても。お口とおまんこで1回ずつ抜いてあげるっ!だから・・・」
佐紀ちゃんが顔を少し赤くして僕を見つめました。
「その後で、佐紀をいかせて・・・」
「う、うん。佐紀ちゃん、あの・・・もう出ちゃうぅ・・・」
「あっ!ごめんね。・・・んっ・・・」
僕が佐紀ちゃんにちんちんをピクピクさせながら言うと、佐紀ちゃんはちょっと慌てて僕の先っぽを咥え直しました。
佐紀ちゃんがちんちんを吸いながら、先っぽで舌をグルグル回すんです!
先っぽばっかりそんなにされたらっ!・・・あぁっ!も、もうっ!
「佐紀ちゃんっ!で、出るよっ!あっ!んあぁっ!・・・あっ・・・」
「んんっ!・・・ん・・・」
「んあぁっ!佐紀ちゃーんっ!」
佐紀ちゃんが思いっきり吸うんです!白いのが勢いよく吸い出されて・・・うあぁっ!
佐紀ちゃんは僕から白いのを吸いだしてしまうと、ちんちんから顔をあげ、僕をお湯に沈め座らせました。
ハアハア言ってる僕を佐紀ちゃんが優しく見つめています。
「んっ!・・・んん・・・」
佐紀ちゃんが僕を見つめながら喉を動かして・・・僕の白いのを飲んでくれました。
「佐紀ちゃーんっ!」
僕は佐紀ちゃんがたまらなく愛しくなって抱きしめました。
「あんっ!どうしたの?・・・急に・・・」
佐紀ちゃんが僕の耳元で、囁くように聞くんです・・・恥ずかしいけど・・・言っちゃいます!

「佐紀ちゃん・・・好き・・・」
「だめ・・・彼女が・・・熊井ちゃんが居るでしょう・・・」
佐紀ちゃんが僕を抱きしめてそう言いました。
「友理奈も好き。でも・・・佐紀ちゃんも・・・」
僕がそこまで言うと、佐紀ちゃんは身体を離して僕を見つめました。
「それはもっとだめ。熊井ちゃんが・・・あたしも・・・どっちにも酷いよ、そんなの・・・」
「ごめんなさい・・・」
俯く僕を抱きしめて、佐紀ちゃんが正面から見つめました。
「佐紀はいいの・・・こうしてえっちしてくれるだけで・・・」
そう言うと佐紀ちゃんは僕にもたれかかり、僕を見上げました。
「好きって言われて嬉しかった・・・ありがと・・・」
佐紀ちゃんは僕の唇にチュっと軽くキスして、もう一度僕を見つめました。
「ねえ、このままお風呂でする?それともマットでする?」
「・・・マット・・・」
僕は迷った末にマットを選びました。お風呂でもしてみたかったけど・・・佐紀ちゃんのマット気持ちいいから。
「じゃあ、ちょっと待っててねっ!」
佐紀ちゃんは僕を浴槽に残して洗い場に出て、マットの用意をはじめました。
佐紀ちゃんの小さな身体がテキパキと動いて、マットの準備はすぐに終わりました。
僕は佐紀ちゃんに手招きされ、浴槽から出てマットにうつ伏せになりました。
「あっ!ねえ、ちょっと起きて。」
佐紀ちゃんに言われ僕が起き上がると、佐紀ちゃんはおまんこにサっとヌルヌルを塗って仰向けになりました。
「はいっ、これ。」
佐紀ちゃんが僕にT字の剃刀を手渡しました。な、なにかな?
「一人だけ生えてなくてやなんでしょう?・・・佐紀が一緒にツルツルになってあげる・・・」
戸惑う僕にそう言って、佐紀ちゃんが脚を開きました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。