えっちなお姉さんズ(062)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は起き上がって、佐紀ちゃんに体を重ねました。
「ごめんね佐紀ちゃん。僕ももう出そう。」
「・・・」
佐紀ちゃんはハアハアと荒い息をして、何も言わずに頷きました。
ずっと泣いている佐紀ちゃんの目は真っ赤になっちゃってます。
僕は佐紀ちゃんの半開きの口に舌を入れ、佐紀ちゃんの舌を舐めながらちんちんの出し入れを始めました。
「んっ!んんっ!・・・あっ!おねがいっ!中にぃっ!・・・はぁっ!あぁっ!・・・」
「うん・・・中にいっぱい出すよっ!」
僕が言うと、佐紀ちゃんの苦しそうな顔が、ちょっと嬉しそうになりました。
僕は体を少し屈めて、佐紀ちゃんの小さく立った乳首に吸い付き、舐め回しました。
どこに触れても敏感になっている佐紀ちゃんは、おまんこをキュっと締めてくれます。
「佐紀ちゃんっ!そんなに締めたら・・・僕出ちゃうよぉ・・・」
「だって!・・・だって締まっちゃうんだもぉんっ!うあっ!も、もうだめぇっ!」
「さ、佐紀ちゃぁんっ!僕もっ!・・・出ちゃうぅっ!」
僕は気持ちよすぎてちんちんの速さを調節出来ません!もうだめですっ!
「んあぁっ!イクっ!いやっ!イクぅっ!・・・んあっあぁっあっ!・・・」
「出るっ!出ちゃうぅっ!・・・はあっ!・・・あっ・・・あ・・・」
さんざん焦らして熱くなった佐紀ちゃんの中に、僕はまたたくさん出しちゃいました。
「あぁっ!んんっ!・・・あ・・・はぁぁ・・・」
佐紀ちゃんの反り上がった身体がマットに落ちると、僕のちんちんの付根が熱くなりました。
びっくりして体を起こすと、佐紀ちゃんのおまんこから液体が溢れていました。
佐紀ちゃんの割れ目を開くと、僕が入ってる穴の上からチョロチョロと流れ出ています。
佐紀ちゃんはぐったりして動きません。
いきずぎて気が抜けた佐紀ちゃんはおしっこを漏らしちゃったんです。
ツルツルのおまんこでおもらしする佐紀ちゃんがとっても可愛いです。

僕は佐紀ちゃんの意識が戻るまで、ちんちんは抜かないで入れたままで待ちました。
「んっ・・・あっ・・・あたし気絶しちゃったの?」
佐紀ちゃんは気が付くと顔を赤くして僕を見つめました。
「うん。可愛かったよ。」
「あぁんっ!ばかぁっ!・・・」
佐紀ちゃんが僕に抱きついてきたので、僕は佐紀ちゃんを抱いたまま体を起こしました。
「佐紀ちゃん、ちんちん抜くよ。」
「うん・・・でも、なんでこんなに濡れてるの?」
佐紀ちゃんはビショビショになったマットを不思議そうに見ています。
「あのね・・・佐紀ちゃんがもらしちゃったの・・・おしっこ・・・」
僕がそう言うと、佐紀ちゃんは真っ赤になって僕の胸に顔を埋めました。
「・・・見たの?・・・佐紀が漏らすとこ・・・」
「うん。見ちゃった。」
佐紀ちゃんが僕をギュっと抱きしめました。
「恥ずかしいよぉ・・・」
「すっごく可愛かったよっ!佐紀ちゃんのおもらしっ!」
僕がそう言うと、佐紀ちゃんは真っ赤な顔で僕を見つめました。
照れくさそうに笑ってます。
「絶対仕返しするんだからっ!泣いて謝るまでちんちん抜いてあげないんだからっ!」
佐紀ちゃんがほっぺたを膨らませました。
「僕は毎日泣いてるじゃない。それより佐紀ちゃん、花時計忘れないでね。」
「うん。でも、そんなに何回転もする技じゃないんだよ。」
「えーっ!そうなのぉ・・・ねえ佐紀ちゃん、僕が出すまで回ってね。」
「いいよっ。何回転でもしてあげるっ!」
佐紀ちゃんが僕にキスして、久しぶりにいっぱい舌を絡ませてくれました。
僕は佐紀ちゃんと向かい合ったまま、ちんちんを抜きました。
佐紀ちゃんのツルツルになったおまんこから白いのがたくさん溢れました。
すごくえっちです。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。