えっちなお姉さんズ(069)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒い呼吸を繰り返す雅ちゃんは、なんの抵抗も出来ずにうつ伏せになりました。
僕は雅ちゃんの脚を開かせ、その間に腹這いになりました。
雅ちゃんの引き締まった小さなお尻を開くと、ピンクのお尻の穴がヒクヒクしています。
僕はたっぷり唾を乗せた舌を雅ちゃんのお尻の穴に当て、広げるように舐めました。
「い、いやぁ・・・そんなとこ舐めないでぇ・・・あっんあっ!」
いったばかりで力なく喘いだ雅ちゃんは、僕の舌がお尻の中に入ると一気に仰け反りました。
「そ、そんなぁ・・・あっ!いやっ!あっんっ!・・・はぁっ!」
僕が舌を出し入れすると、雅ちゃんは枕に顔を埋めて喘ぎました。
「雅ちゃん、お尻舐められるの初めてなの?」
「・・・」
僕が舌を抜いて尋ねると、雅ちゃんは枕に顔を押し付けたまま、無言で頷きました。
「恥ずかしいからもうやめて・・・おねがい・・・おちんちん・・・入れて・・・」
雅ちゃんが僕を見ないでそう言いました。すっごく恥ずかしいみたいです。でも・・・
「お尻でいったら入れてあげるっ!」
「あっ!そんなっ!あっいやぁっ!」
僕は雅ちゃんのしわを1本ずつ広げるように舐め、指で開いて、少し捲れたお尻の穴をレロレロしてあげました。
「んっ!あっ!いやっ!あぁっお、お尻で・・・お尻でいっちゃうぅ・・・あぁんっ!」
僕は恥ずかしさに閉じようとするお尻のお肉を手で広げ、お尻の穴に吸い付きました。
「あぁっ!吸っちゃだめぇっ!いやぁっ!広げないでぇっ!んっあぁっ!」
僕は指で引っ張って広げたお尻の穴に舌を捻じ込み、顔ごと激しく出し入れしました。
お尻の穴を広げた指で、舌が出入りする穴の縁を優しくさすってあげました。
「んっ!んあっ!い、イクっ!・・・いやぁっ!お尻でイクぅっ!・・・はぁっあぁっ!・・・」
枕に伏せて居られなくなった雅ちゃんが、大きく仰け反っていきました。
僕は仰け反った雅ちゃんから、お尻の穴に舌先を引っ掛けるようにして舌を抜きました。
「んあっ!・・・はぁ・・・」
僕の舌が抜けると、雅ちゃんの身体がゆっくりベッドに落ちました。

僕は体を起こしてもう一度雅ちゃんを仰向けにすると、えっちな汁が止まらないおまんこにちんちんを合わせました。
「入れるよ、雅ちゃん。」
「えっ?ご、ゴムは?」
雅ちゃんがちょっと慌てて僕に聞きました。でも僕は意味が分かんなくてちょっと首を傾げ、そのまま入れました。
「あっ!いやぁっ!生でしちゃだめぇっ!んんっ!・・・あぁ・・・はいちゃったぁ・・・」
雅ちゃんが泣きそうな顔になっっちゃてます。気持ちいいのかなぁ?
僕は雅ちゃんに気持ちよくなって欲しくて、ちんちんの出し入れを始めました。
「あぁっ!だめぇっ!あ、赤ちゃんが出来ちゃうぅ・・・んあっ!あっ!・・・」
雅ちゃんがそう言うと、桃ちゃんが手帳を捲りながら雅ちゃんに近付きました。
「みーやん、生理は順調?遅れたり、来なかったりしてない?」
「えっ?う、うん・・・あっ!はぁっ!・・・んっ!・・・」
「えーっと・・・みーやん来週の水曜までは中出しOKだよっ!」
桃ちゃんはそう言うと、僕に振り返りました。
「遠慮しないでドピュドピュしてあげてねっ!」
僕と桃ちゃんは笑顔で頷き合って、不安そうな雅ちゃんを見つめました。
「だーいじょうだってばぁっ!ちょっとは桃を信用しなさいよぉっ!」
「う、うん・・・」
雅ちゃんは桃ちゃんに頷いて僕を見ました。
「このまま続けていい?中に出しちゃっていい?」
「・・・うん・・・いいよ。」
僕は嬉しくて雅ちゃんに抱きつきました。
雅ちゃんも身長が高くて、僕は雅ちゃんの鼻くらいまでしかないけど、顔を上げて見つめると、雅ちゃんが首を起こしてキスしてくれました。
「僕がんばるから、いっぱい気持ちよくなってね。雅ちゃんっ!」
「うん・・・いかせてね・・・」
もう一度キスして、僕は雅ちゃんの中で動きを再開しました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。