冨士耕平(エスパービートダウン)vs 岩澤文也(白青ビートダウン)

TS3N0082.JPG

準決勝でマッチアップされたのは、どちらも《エイヴンの擬態術士/Aven Mimeomancer》をこよなく愛する「擬態術士の会」の2人。お互いに自分で調整してきたデッキでのTOP8入りを果たしている。


Game 1
先攻は冨士。2人とも仲良くマリガン。

岩澤が《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を召喚したところで、生憎と筆者はサイドイベントの進行のため席を離れなければならなくなった。

帰ってきてみると、冨士はクリーチャーをコントロールしておらず、岩澤は《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》《白騎士/White Knight》《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を追加している。冨士のライフは2。冨士は《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を召喚するも、万事休す。


岩澤 1-0 冨士



Game 2
岩澤のスタートは《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》。返す冨士は《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》。《氷河の城砦/Glacial Fortress》《翻弄する魔道士/Meddling Mage》《流刑への道/Path to Exile》《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》《精霊への挑戦/Brave the Elements》《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》の中から《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》を抜く。

岩澤は《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》で攻撃して《翻弄する魔道士/Meddling Mage》を追加。《審判の日/Day of Judgment》を禁止する。

冨士も《翻弄する魔道士/Meddling Mage》を召喚。今後の戦闘で癌となる《精霊への挑戦/Brave the Elements》を禁止する。

岩澤は《清浄の名誉/Honor of the Pure》を貼って2体で攻撃。冨士は《流刑への道/Path to Exile》を《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》へ。

何とか戦線を維持したい冨士だが、土地を引けず、ノーリアクションでエンド。

岩澤は3/3の《翻弄する魔道士/Meddling Mage》でアタック。冨士も《翻弄する魔道士/Meddling Mage》でブロックしつつ《妄信的迫害/Zealous Persecution》。これには苦い顔の岩澤。《流刑への道/Path to Exile》を打つか迷うが、《翻弄する魔道士/Meddling Mage》が討ち取られることを選ぶ。代わりに《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を着地させ、兵士・トークンを場に出す。

冨士は4枚目の土地にアクセスできず、苦しい展開。兵士・トークンは《翻弄する魔道士/Meddling Mage》と相打つ。岩澤は兵士・トークンの増産に加えて《天界の列柱/Celestial Colonnade》でも攻撃開始。冨士は堪らず《流刑への道/Path to Exile》を打つが、これは《精霊への挑戦/Brave the Elements》でカウンター。岩澤がそのまま押し切った。


岩澤 2-0 冨士