準決勝 小山内崇vs佐久間俊充


by Mamoru Miura

青黒フェアリーを駆る小山内は、グラコロ仙台では安定した成績を残す上位卓の常連である。コンフラックスで登場した《火山の流弾/Volcanic Fallout》によって苦しい戦いを強いられているフェアリーだが、なんとか《火山の流弾》の嵐をくぐり抜けてここまで辿り着いたとのこと。対する佐久間は、自分専用のデッキしか作らない/使わないというデッキビルダー気質のプレイヤー。時のらせん&ローウィン時代のスタンダードから《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》入りのデッキを調整してきた"時代を先取りしすぎた男"である。


Game 1

ダイスロールに勝ち、先手を取ったのは小山内。初手の7枚は《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》《謎めいた命令/Cryptic Command》《ウーナの末裔/Scion of Oona》《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》2枚と強力なラインナップだが、土地は《沼/Swamp》と《変わり谷/Mutavault》のみ。しばらく考えた末にこれをキープ。青マナソースを引けば動ける算段であろう。対する佐久間はすぐさまマリガン。6枚の手札でゲームを始めた。

1ターン目《変わり谷/Mutavault》セットから、2ターン目《谷》でアタックする小山内だが、3ターン目は3枚目の土地を置くことが出来ずターンを返す。佐久間はここぞとばかりに《突撃の地鳴り/Seismic Assault》を叩きつけてエンド。返す4ターン目、またも土地に巡り会えない小山内は《霧縛りの徒党》をディスカード。5ターン目にして念願の青マナソースである《人里離れた谷間/Secluded Glen》に辿り着き、遅まきながら攻勢の構えを見せる。

小山内のややぎこちない立ち上がりに対し順調にマナベースを構築した佐久間は、《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》をキャストし、アドバンテージ差をつけにかかる。

《ジェイス》のアドバンテージをどうにかしなければならない小山内は佐久間のターンエンドに《ウーナの末裔/Scion of Oona》をキャスト、《砕けた野望/Broken Ambitions》を使わせて自分のターンで《思考囲い/Thoughtseize》。《火葬/Incinerate》《謎めいた命令/Cryptic Command》2枚、《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》《否認/Negate》《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》から《否認/Negate》を引き抜いた後、自分も《ジェイス》を場に出し対消滅。

この隙に佐久間は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》を呼び、《恐怖/Terror》《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》2枚、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》《謎めいた命令/Cryptic Command》という小山内の手札から、《恐怖/Terror》をライブラリの底に送る。こうやって安全確認した上で、《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》を着地、これに《火葬/Incinerate》と2枚の土地をぶつけて手札を充実させる。

《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》と《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》というクロックをどうにかしなければならない小山内だが、佐久間の《謎めいた命令/Cryptic Command》と《突撃の地鳴り/Seismic Assault》によってブロックに立つはずのフェアリー達はなぎ倒され、《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》が小山内のライフを削り切ったのだった。

小山内 0 - 1 佐久間


Game 2

先手は小山内。お互いに土地を置いては《変わり谷/Mutavault》がちょっかいを出すという序盤の立ち上がりだが、3ターン目の小山内の《ジェイス》には佐久間が《砕けた野望》でしっかり対応。

それからお互い2枚ほど土地を追加し、今度は佐久間が《ジェイス》をキャスト。これに小山内は《謎めいた命令/Cryptic Command》でカウンターしようとするが、《砕けた野望/Broken Ambitions》がそれを許さない。《ジェイス》は無事着地。

またも《ジェイス》に悩まされる小山内は、佐久間のタップアウトに《思考囲い/Thoughtseize》。《連絡/Tidings》2枚、《火葬/Incinerate》2枚、《火山の流弾/Volcanic Fallout》という手札に「ツーペアっすか」と当惑するも《火山の流弾/Volcanic Fallout》を落とす。さらに《変わり谷/Mutavault》を起動し、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》を着地させ、《ジェイス》を倒しにかかる。

佐久間は《ジェイス》でドロー、さらに《連絡/Tidings》までプレイするが6枚目の土地には辿り着けず、溢れた手札を捨てて渋々ターンを返す。小山内は《徒党》の攻撃で《ジェイス》を壊し、2度目の《思考囲い/Thoughtseize》。《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》3枚、《火葬/Incinerate》2枚、《連絡/Tidings》《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》という手札に「なんだそりゃ」とコメントしつつ《火葬/Incinerate》を抜く。頼みの《徒党》が燃やされてしまっては敵わないのだ。残ったマナで《謎めいた命令/Cryptic Command》構える。

返す佐久間の《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》はきっちり《放逐/Dismiss》し、《徒党》に加えて《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》で小山内は攻撃、佐久間のライフは11に。《苦花/Bitterblossom》を追加し、佐久間を追い詰めにかかる。

受ける佐久間は《ブリン・アーゴルの白鳥/Swans of Bryn Argoll》を召喚、《火葬/Incinerate》を当てて状況の打開を図る。小山内の《変わり谷/Mutavault》《集会場》《徒党》アタックに対し、《谷》を《白鳥》でブロックし、残りライフは5。小山内は3度目の《思考囲い/Thoughtseize》で《連絡/Tidings》を落とす。佐久間の後続を断つ狙いか。

ライフにも手札にも余裕がない佐久間は、手札に残っていた《白鳥》を2体追加で召喚。《徒党》と《苦花》トークンをそれぞれ《白鳥》でブロックすると、小山内は手札が増えるものの攻め手が無くなってしまう。

今度は佐久間が攻勢に転じる。先ほど捨てた《ヴィティアのとげ刺し/Vithian Stinger》を蘇生、ブロッカーを排除しつつ3体の《白鳥》で小山内に襲いかかる。返しのアタックも《変わり谷/Mutavault》を立たせることでしっかりケアし、小山内に隙を与えることはなかった。

小山内 0 - 2 佐久間