ルールおよびマナー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

船頭多くして船山に登る 」ということわざがあります。

船頭というのは船の運転手のことです。

一つの船に船頭が多く乗っていると、船をどのように操縦すればいいのか混乱し、
かえってまともに進むことができなくなってしまう、という意味です。

「私はこっちに進みたい」
「いや、僕はこっちへ」
「俺はこっちに進むんだ」


公式サイトの「知識王」を見たことがあるでしょうか。

知識王が荒れるのは、船頭が多すぎるのが原因であることがほとんどです。

船頭A「私が答えますよ」
船頭B「いやいや、僕がもっと適切な回答をしてみせますから」
船頭C「俺が答えるから、お前ら黙ってろ」
船頭D「必死だなw」
船頭E「余計なことを書き込まないでください」
船頭F「あなたも書かないでくださいよw」
質問者「?????????????」

こんな状況になれば、質問者が困ってしまうのも無理はありませんね。



どんな人にも多かれ少なかれ「自分の知っていることを他者に教えたがる」傾向があるもので、
私も例外ではなく、こうして自己主張の場を設けて発言しています。

人の組織を運営するのに大切なのは、船頭を常に一人だけにすることです。

基本的にはギルドマスターがその権限にあずかるわけですが、ずっとギルドマスターというわけではなく、
「何かをしたい」と提案をする人がいれば、その意見を聞くようにしていきます。

ギルドマスター以外の誰でも意見を出すことは可能です。意見を出して、それを受け止めてもらうことは大切です。
(学校でもこのような教育を受けたことがあるはずです。国語や道徳の授業で)

この点で、ギルドマスターは率先して柔軟な対応をとる能力が求められています。

どんな意見にも耳を傾けて、あらゆる可能性を想定し、楽しいことも悲しいことも、
成功することも失敗することも、都合のいいことも悪いことも、真摯に受け止める必要があるのです。

なぜでしょうか?

自分以外の人は、自分とは異なる考え方や価値観を持っているからです。


「自分以外は黙っていろ」ということではありません。

そんな高圧的な雰囲気のギルドは、やはりうまく運営できないのです。

自分の主張したいことがあっても、すぐにはせず、相手の意見を聞くことを優先します。
一方的に主張するのではなく、自分の主張が与える影響を 事前に 考えるようにしましょう。

そのように常に意識して行動すれば、意見を交わすことはあっても、ぶつかることはなくなります。
つまりスムーズに交流できるようになるのです。


それでも上手くいかないギルドやプレイヤーが多いのはなぜ?

根本的な原因の一つが「 言論と出版の自由 」というところにあります。

これはつまり「何かを述べたり書いたりすることは自由」という意味です。
逆にそれらを制限したり禁止したりすることのほうが「違法」であるといえます。
人は誰でも自分の望まない拘束や、納得のいかない支配を好まないものなのです。

それなのに、ある一部の人たちは好んでそれを実行しようとするため、
そこで反発が生じ、交流にひびが入ってしまうというわけです。

このような状況がしばしば差別や偏見を助長し、極端な話、対立する宗教の衝突や戦争が起こったり、
いじめ、(言葉の)暴力、集団・組織的な悪事(犯罪)などに結びついたりもします。

これは「対岸の火事」ではなく、実際に誰でも経験する可能性のある問題ですから、
少しでもいいので意識をしていてください。起きてからでは遅いのです。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|