corvus-corone @ ウィキ

メニュー




今日 -
昨日 -
全体 -



デバッグしよう




参考




取得中です。



電子部品


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは基本的な電子部品について説明しています。
応用編は電子部品2へ。


抵抗

抵抗値はカラーコードで分かります。 → カラーコードの読み方
LEDの保護抵抗や、プルアップ、プルダウン、ドライバICの周辺などに用います。
大電流を流せるものもあります。(太いやつ)
抵抗がたくさん入った集合抵抗というものもあります。
【写真】



セラミックコンデンサ

機械研では■■■μFの青いものをよく使います。
極性はありません。
色々なところ(GND-VCC間など)に使います。
【写真】



電解コンデンサ

機械研では100μFのものをよく使います。
極性があります。 逆向きにつけないように注意して下さい。負極にはマイナス(-)と書いてあります。
色々なところ(GND-VCC間など)に使います。
【写真】



コイル

昇圧するときに使う。
使ったことないので、詳しくは知りません■■■



スイッチ

プッシュスイッチ、トグルスイッチ、マイクロスイッチなど用途によって色々あります。
【写真】



ダイオード

一方向にのみ電流を流します。
極性があります。 逆向きにつけないように注意して下さい。
特性の違いから、ショットキーバリアダイオード、定電流ダイオード、などがあります。
レギュレータ周りや、ドライバICの周りなどに用います。
【写真】



発光ダイオード(LED)

電流を流すと光ります。
極性があります。 逆向きにつけないように注意して下さい。
ドロップ電圧は2~3Vくらいです。
保護抵抗 を必ずつけましょう。
【写真】



トランジスタ

スイッチングをします。
足は、型番が読める向きに見て、左から「エミッター」「コレクター」「ベース」です。(えくぼ(ecb))
トランジスタが沢山入った、トランジスタアレイというものもあります。
【写真】【参考回路図】



FET

強力なトランジスタです。
爆発しやすい ので注意して下さい。
足は、型番が読める向きに見て、左から「ゲート」「ドレイン」「ソース」です。(GooD Smile)
【写真】【参考回路図】



レギュレータ

不安定な電源電圧(高電圧)を、マイコン用に安定な電圧(低電圧)に変えます。
足は、型番が読める向きに見て、左から「入力」「GND」「出力」です。
生死判断は■■■のようにやって下さい。
発熱する のでヒートシンクを付けることが多いです。
【写真】【参考回路図】



フォトトランジスタ

光を検知すると電流が流れるセンサです。



ラインセンサ

LEDとフォトトランジスタがセットになったものです。
出力がアナログのものとデジタルのものがあります。
LEDは赤外線の場合がありますが、携帯のカメラで見ると光っているのが確認できます。
【写真】【参考回路図】



距離センサ(PSD等)

LEDとフォトトランジスタと制御回路がセットになった、アナログ出力距離センサです。
物体との距離をLEDからの光の反射を利用して測ります。
LEDは赤く光っているのを確認することができます。
三本の線は、GND、VCC(5V)、出力信号です。
【写真】



カラーセンサ

色識別に使います。
【■■?詳細不明】

更新履歴

取得中です。