あすさんの家庭教師6 - メンテナンスを待つ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メンテナンス。


それはプレイヤーにとって暇な時間である。
ネクソンがどうであるかは誰にもわからない。


定期臨時メンテナンスは1時間の予定だが、とても長く感じられるものだ。

明海とて例外ではなかった。


明海「暇だ~~…。どうしよう。課題でもやるかぁ……」


学生はメンテナンスの時間を、宿題やレポートの作成に費やしたり、
自分の趣味で楽しんだり、他のオンラインゲームで遊んだりするものである。

大半の人が「現実」と向き合うための大切な時間、
「現実」を再認識するための貴重な機会、と考えることもできる。


明海「……う……なんだろう……寒い……気分が悪い………」

ノートを開いた瞬間、明海は原因不明の寒気に見舞われる。


明海「…なんで……寒い……寒くて体が…震える………」

寒さに震えながら、明海はまたベッドにもぐり込んでしまった。



すると…





ピンポーン。




インターホンの鳴る音が聞こえた。

半分眠っているような状態であるのに、その音だけが鮮明に聞こえた。


明海「(誰……誰なの……来ないで……この前に来たのも…誰……?)」


明海は気分の悪さと同時に、恐怖も感じずにはいられなかった。

まるで自分の眠るタイミングに合わせるかのように鳴らされるインターホン。

そこに、誰がいるのか……。



ピンポーン。



明海「(…いや…やめて……もう…吐きそう…………)」


ピンポーン。


明海「(…やめて…来ないで……ああ…やだ……怖い………!)」


ピンポーンピンポーンピンポーン。


明海「(悪霊退散…悪霊退散…悪霊…㌶㌍㌫㌻㍗㌫㍊㍍㌘㌶㌍㌫㌻㍍㍗㌘㌶㌍㌫㌻㍍……)」





明海「っは!」




どのくらいの時間が過ぎたのか。

明海は自分が何をしていたのかさえ覚えていない。

ただ気づいたら、何事もない状態になっていたのだ。



明海「…………夢?」

なんとなく視線を向けると、電源が入ったままのノートパソコンの画面が目に留まった。


明海「あ…そうだ……メンテだったんだ……もう、終わってるかな………。
 あ、でも、その前に課題………いや、いいや。先にマビやろう!」



メンテナンスはすでに終わっており、本来、学校から帰宅するのと同じ時刻になっていた。



明海「はあ………なんか、ぜんぜん意味なかったなぁ………」





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|