※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

490 :風と木の名無しさん:2006/11/30(木) 18:41:47 ID:1YbOmAdX0
    「なっ、なにする気だ、地頭!?」
    「へへwイイ匂いがするタイね~、お坊ちゃんw」
    「こんなところに連れ込んで、、僕をどうするつもりだい?」
    「高嶺の花じゃあ思うて今まで眼中になかったバッテン、つい最近、グラマーなご令嬢と楽しめてのう~w勢いに乗っておまえも頂こうかと思うてなあ。」
    「クッ、これだから君達みたいな人種は、、。」
    「貴公子さまに野蛮なマネはしとうナカ、自分で脱いでそこのマットに寝転ぶタイ。」
    「不埒者め!!僕を慰み者にする気かい?」
    「ホホウw似たようなセリフをはくトネ、仕方ナか、手伝ってやるケンじっとしとるタイ」
    「よせっ!やめっ、、!」「フフンw」ぽいぽいぽいっ!!
    「////ぁ」
    「あきらめるタイ、力でかなわん事は知っとろうw」
    「き、君って奴は!!」
    「心配せんでヨカ、気持んよか事するだけタイ、すぐにエエ塩梅にしちゃるケン大人しゅうすると。」



491 :風と木の名無しさん:2006/11/30(木) 19:08:42 ID:1YbOmAdX0
    「・・・」
    「ん?観念したか?ガハハハw」
    「地頭、、。わかった、乱暴はしないでくれ。涙を呑んで、このまま僕は君の生贄になろう。」
    「w」
    「だけど!君にもそれだけの責任はとってもらうよ?」
    「ん?」
    「僕との関係を、君の口から父に話して欲しい。」
    「・・・」
    「君も知っての通り、僕は名門の一人息子だ、三杉家の期待を一身に背負っている。そんな僕が、下町の九州男児に犯されてヤリ捨てられたなんて父が知ったら、、。」
    「・・・」
    「地頭君!責任をとってくれるんだね!?もし、この事でお嫁さんが貰えなくなったら、僕の人生半分、君にも背負ってもらうよ?いいね?」
    「・・・」
    「いいよ。」涙をぽろり、、。
    「す、す、す、すまんタイ。おまえの親父さんの顔なぞ見れんバイ!このことは忘れてくれ!そんなもん、ワシには無理タイ!」地頭逃走

    「まったく、、。この僕を手篭めにしようなんて、、。しかも裸にするなんて!!けしからん奴だ!100年早いのさ。」