※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

210 名前: 鍼治療師×隻眼1  投稿日: 02/02/17 02:29 ID:ryOCAZ2C
    片桐宗政は帰宅するなり、自室に異変を感じた。
    (この匂いは・・・?)
    リビングを通り抜け、寝室のドアを開けた。そこには。
    「肖俊充・・・なぜここに」
    伽羅香を焚き、太極拳を舞う中国蹴球青年団MFの姿があった。
    「おかえりなさい。お風呂は沸いています」
    「うむ。その後メシな・・・って違う!貴様なぜここにいる。鍵は!」
    「オートロック、中国四千年の奥義の前では無力」
    「不法侵入で警察を呼ぶ!」
    携帯電話を掴んだ片桐の手に、つっ・・・と鍼が突き立った。
    目にも留まらぬ速さで、肖が右手から放った鍼だ。
    「俺は貴方を治しにきました。その扱いはないでしょう」
    「なにィ!」


211 名前: 鍼治療師×隻眼2 投稿日: 02/02/17 02:30 ID:ryOCAZ2C
    鉄観音茶を啜りながら、片桐と肖は向き合っていた。
    「つまり・・・私の目を治すために、中国から来日した、と」
    「途中、少々寄り道もしたが」
    何やら思い出し笑いをしている肖が、片桐は薄気味悪くてしょうがなかった。
    「しかし、この目はもう潰れている。治しようがないぞ」
    「潰れた目がまた生えてくるわけないです。トカゲじゃあるまいし」
    爬虫類を例に出され、片桐は激昂した。手にした茶碗を投げつけ・・・
    たが、目の前にいる肖に当たらず、茶碗は壁で砕けた。
    「治すのは残っている右目です。負担がかかって弱っているのは、
    自分でもわかっているでしょう?このまま放っておけばどうなるかも」
    「うるさいっ」
    片桐はイライラとタバコに手を伸ばした。
    その手を肖が掴んで止める。
    「治療の前に、血管が収縮するような事は避けてください」
    片桐のサングラスを奪うなり、右瞼を指先で閉じ、スッと鍼を突き立てる。
    「動かないで。動くとこちらの眼球も潰れますよ」


212 名前: 鍼治療師×隻眼3 投稿日: 02/02/17 02:30 ID:ryOCAZ2C
    視界を封じられ、片桐はされるがままにベッドに横たわった。
    シャツとベルトをゆるめられ、靴下を脱ぎ・・・下肢を剥きだしに。
    「おい待て小僧」
    「治療させといて小僧呼ばわりですか。日本人は口が悪い」
    「頼んだ覚えはない。下半身スッポンポンにしてくれとも頼んでない」
    「では上半身も」
    肖は片桐に跨るなり、彼のシャツのボタンを外した。
    「現役を引退したとはいえ、素晴らしい肉体ですね」
    「誉めても無駄だ。降りろ」
    片桐の唇が柔らかいもので塞がれた。と、軟体動物のようなものが
    優美な動きで舌にふれてくる。
    「ヤニくさー。この美しい体を、なぜわざわざ汚すのですか?」
    答えるのが面倒なほどに・・・片桐の体が重くなる。ベッドにズブズブと
    沈み込んでいきそうなほどに。
    「貴方は煙が好きですか?では艾を使って治療を進めますよ」
    体のあちこちが、ポッと暖まる感じがある。
    どうやら鍼を打った後端に、艾を乗せて火を付けているらしい。
    亀頭まわりに、ほの暖かさを感じ、片桐は狼狽した。


213 名前: 鍼治療師×隻眼4 投稿日: 02/02/17 02:31 ID:ryOCAZ2C
    「そんなところに鍼を打つな!」
    「散々使い込んだ代物でしょう?見ればわかる。平気です」
    反論できない片桐であった。亀頭、裏筋、根本に至るまで、暖かさに
    縛られ、やがて波のように快感を紡ぎだす。
    「おい・・・目と・・・関係、ないっ、だろ」
    「ついでに、ニコチンとタールを排出します」
    このままでは排出されるのは別のモノだ。片桐は抵抗しようとするが、
    なぜか肖の施術に抗えない。やわやわとあやすように陰嚢を揉まれ、
    深い吐息を漏らす。
    「声を出した方がリラックスできますよ」
    「だ、誰がっ」
    「恥じる事はありません。効果を上げる為ですから」
    耳朶に息を吹きかけられ、片桐は堕ちた。
    「あうっ・・・」
    「素敵な声ですね。やはり大人の男はいい」
    肖の吐息が片桐の広い胸板を擽る。決して直に触れず、吐息だけで
    片桐を翻弄する。
    「触ってほしいですか・・・」
    「くっ・・・うっ・・・あぁ、さわって、ほしい」
    自尊心のかけらまで粉々にされ、片桐は荒い息をつく。
    「では、中から」
    腰を高く抱え上げられ、秘部をいじり回されても、抵抗できなかった。
    俺は動物だ。肖は獣医で、俺の体を手入れしているだけなんだ・・・
    肖の陽根をねじ込まれた時、片桐は精液と、見えない何かを解放した。


214 名前: 鍼治療師×隻眼5 投稿日: 02/02/17 02:34 ID:ryOCAZ2C
    日本サッカー強化担当、片桐宗政は、2002年W杯に向けて
    精力的に活動した。その真摯な働きぶりに、選手達も心を打たれた。
    彼の隻眼が何をみつめているのか、サングラスの向こうは誰にもわからない。
    「肖・・・一緒に鍼灸クリニックを開業したかった」
    金なら実家に腐るほどあるから、と肖にもちかけた。
    膝枕で片桐の耳掃除をしながら、肖は言ったものだ。
    「腐らせては勿体ないですね」
    片桐から引き出した金を持って、今頃どこにいるのやら。
    「会いたい・・・ただそれだけなんだ、肖」
    財布の紐とパンツの紐を緩められ、金持ちのボンボンは恋い焦がれた。